J.フロントと近鉄百貨店を分析する

アベノミクスで百貨店は本当に潤ったのか?

事業ごとの業績を示す「セグメント情報」(短信の12ページ)も見ていきます。各事業の「売上高」は、百貨店業が1235億円、卸・小売業が68億円、その他事業が94億円と、ほとんどが百貨店業によるものとなっています。ところが「セグメント利益」は、百貨店業は1億円ほど、卸・小売業は4000万円、その他事業は2億円ほどと、百貨店業の利益は非常に小さいものだということがわかります。

ここで、収益性の高さを示す「売上高営業利益率(営業利益÷売上高)」を計算してみましょう。初めに分析したJフロントは、3%。近鉄百貨店は、0.3%。約10倍も差がありますね。ちなみに、前回分析した大手IT業のヤフーは51.4%(2013年4~9月期)もあります。事業という点からも、百貨店は利益率が非常に低いわけですが、近鉄百貨店はその中でもより低いということです。

以上のことを考えますと、近鉄百貨店は資産効果の好影響は受けていたものの、業績全体が改善するまでには至っていません。また、先行オープンしたあべのハルカス近鉄本店タワー館の売り上げは好調ですが、それでも全体を押し上げるほどではない、と言えます。

ただ、同店は2014年の3月7日にグランドオープンを控えていますから、それ以降、どれだけ業績が伸びるのかに注目です。その一方で、同年4月には消費税増税が行われますから、そちらの影響にも注意しなければなりません。

大手百貨店は好業績だが、追い風はいつまでも続かない

最後に、百貨店全体の動きを見てみましょう。「全国百貨店売上高」を見ますと、今年3月から伸びてきていることがわかります(次ページ参照)。

夏場は猛暑の影響で、夏物衣料などの売り上げが増えたこともありますが、それと同時に、3月以降、高額品の売り上げが伸び続けています。こうした理由から、百貨店全体としては好調を維持しているのです。

次ページ百貨店全体は、おおむね堅調と言えるが……
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT