テレビドラマ「刑事・医療系が75%」の危険水域

いまだ変わらぬ視聴率至上主義の中高年シフト

視聴者からはネガティブな声も聞こえてきています(撮影:尾形文繁、田邉佳介、吉野純治)

年明け早々から2020年代最初の連ドラがスタートしていますが、気になるのは放送前の段階から「相変わらず人が死ぬ刑事ドラマばかりでしんどい」「医療ドラマばかりで見ていて気が滅入る」などのネガティブな声が続出していること。それも無理ありません。

今冬は最も視聴者の多いプライムタイム(19~23時)に放送される16作中、刑事ドラマが6作、医療ドラマが6作という極端に偏ったラインナップなのです。

【刑事(事件)ドラマ】
「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(フジテレビ系、月曜21時)
「相棒」(テレビ朝日系、水曜21時)
「科捜研の女」(テレビ朝日系、木曜20時)
「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」(テレビ朝日系、木曜21時)
「駐在刑事 Season2」(テレビ東京系、金曜20時)
「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」(NHK、金曜22時)
【医療ドラマ】
「病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~」(テレビ東京系、月曜22時)
「恋はつづくよどこまでも」(TBS系、火曜22時)
「アライブ がん専門委のカルテ」(フジテレビ系、木曜22時)
「病院で念仏を唱えないでください」(TBS系、金曜22時)
「心の傷を癒すということ」(NHK、土曜21時)
「トップナイフ―天才脳外科医の条件―」(日本テレビ系、土曜22時)

救うにしても死んでしまうにしても

全体の75%が、救うにしても死んでしまうにしても、命をめぐるシリアスなストーリーであり、「しんどい」「気が滅入る」と言いたくなるのも仕方ないのです。

極端に偏ったラインナップになったことで懸念されるのは、若年層のドラマ離れ。例えば、「アライブ」はがん、「トップナイフ」は脳外科に特化した物語であり、中高年層がターゲットであることは明らかです。若年層に「がんや脳の病気に興味を持て」「学校や職場から帰ってきたあとに命を救うドラマを見て」というのは無理があるでしょう。

そのほかの刑事・医療ドラマも、ほとんどが中高年層をターゲットにしたもの。さすがにここまで偏ってしまうと、その中高年層ですら「飽きてしまった」「ドラマはもう見ない」という声をネット上にあげるなど、ドラマ全体のイメージダウンにつながってしまいます。

月曜2作、火曜1作、水曜1作、木曜3作、金曜3作、土曜2作と、ほぼ毎日放送され、「テレビは刑事・医療ドラマ専門チャンネル」と揶揄されるほどの危機的状況は、なぜ訪れてしまったのでしょうか? また、どんな改善策が求められるのでしょうか?

次ページ2010年代に試行錯誤を重ねた結果
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT