日テレ「続きはHuluで」に大失望する視聴者心理

高視聴率、ビジネス成立でもブランドにリスク

「どうマネタイズしていくか?」は確かに課題ですが……(撮影:今井 康一)

9月21日に放送された「ボイス 110緊急指令室」(日本テレビ系)の最終話は、スリリングなシーンの連続で視聴者を引きつけて、12.9%の高視聴率(ビデオリサーチ、関東地区)を記録したほか、「面白かった」「終わってしまって寂しい」などの支持を集めました。

しかしその後、最終話から1カ月後を描いたオリジナルストーリー「ボイス 110緊急指令室 CALL BLACK」が動画配信サービス・Huluで配信されることがわかると、ムードは一変。「また日テレの“続きはHuluで”か!」という批判がネット上に飛び交う事態となりました。

「あなたの番です」も「続きはHuluで」

「またか!」と言われてしまったのは、「考察合戦」という新たな楽しみ方で前代未聞の盛り上がりを見せ、9月8日に終了した「あなたの番です」(日本テレビ系)でも同様の「続きはHuluで」があったから。連続殺人事件の黒幕だった黒島沙和(西野七瀬)の過去を描いた「扉の向こう番外編 過去の扉」をHuluで配信することが発表された瞬間、ネット上には「裏切られた」「視聴者をバカにしている」などの批判があふれたのです。

視聴者にとって根が深いのは、「あなたの番です」の前に放送されていた「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」も、最終話の後にHuluオリジナルの「3年A組 –今から皆さんだけの、卒業式です-」が配信されたこと。

日本テレビの「日曜ドラマ」は2018年にも、「トドメの接吻(キス)」では「トドメのパラレル」、「崖っぷちホテル!」では「崖っぷちホテル!~本日のお客様は、宇海直哉様~」、「ゼロ 一獲千金ゲーム」では「ゼロ エピソードZERO」、「今日から俺は!!」では「今日から俺は!! 未公開シーン復活版」というHuluオリジナルコンテンツを配信しました。

さらに極めつけは、2017年放送の「愛してたって、秘密はある。」。最終話の終了直後に「本当の解決編はHuluで」と発表して猛批判を浴びてしまったという過去があるのです。

なぜ日本テレビは何度も批判を受けてなお、「続きはHuluで」を繰り返しているのでしょうか?

次ページHuluは2014年から日テレの傘下
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。