「3年A組」のヒットが示すテレビの希望と絶望

思い切って挑戦するか、安全な橋を渡るか

「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」の人気の裏にあるのは?(東洋経済オンライン編集部撮影)

視聴率は1話10.2%、2話10.6%、3話11.0%、4話9.3%、5話10.4%、6話11.7%、7話11.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、翌日の仕事や学校が気になる日曜22時30分からの放送としては十分な結果を残している「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)。

唯一1桁視聴率の4話が放送された1月27日は、「嵐が緊急記者会見を行い、多くの視聴者が『Mr.サンデー』(フジテレビ系)に流れた」(「3年A組」は録画視聴された)というイレギュラーな事情がありました。ネットメディアの記事やSNSでの反響が、ドラマに限らずテレビ番組の中でトップクラスであることも含めて、「3年A組」が数字と話題性の両方を得ているのは間違いありません。

しかし、「今どき学園ドラマは難しいだろう」「1話完結ではないから視聴率は取れない」などと、前評判は決して高くありませんでした。さらに、映画の「悪の教典」「告白」「バトル・ロワイアル」や、ドラマ「家族ゲーム」(フジテレビ系)に「似ている」という声が飛び交うなど、否定的な声も多く、業界内では「失敗作に終わりそう」という見方が大勢を占めていたのです。

なぜ「3年A組」はここまで成功を収めたのでしょうか? その理由を掘り下げていくと、テレビの希望と絶望が見えてきたのです。

若年層にもウケた金八先生風のお説教

なぜ「3年A組」はウケているのか? 最大の理由は、テンポが速くドラマチックなストーリー。放送開始前は、あらすじを知った人々から、「先生が生徒を監禁する“出落ちドラマ”」「最後までこのテンションが保てるとは思えない」などの厳しい声を浴びていました。

しかし、いざ始まってみると、毎週のように「新事実発覚」「衝撃の急展開」「第1部完結」「ヒーロー編開幕」「犯人と対決」と緊張感のあるシーンが立て続けに訪れ、学校というワンシチュエーションの作品ながら、視聴者を飽きさせることはありません。

次に考えられる理由は、主人公・柊一颯(ひいらぎ いぶき)のキャラクターと、菅田将暉さんの演技。柊は「生徒を監禁し、校内に爆弾や監視カメラを仕掛けて脅す」などの危険人物ながら、各話のクライマックスで見せる生徒への熱血指導が視聴者の胸を打っています。

その姿は武田鉄矢さんが演じた坂本金八先生のようであり、「3年A組」というタイトルからも「3年B組金八先生」(TBS系)を意識したものであることがわかるのではないでしょうか。

次ページ柊の熱血指導は現代人の問題に対するメッセージ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。