「ベッキー結婚」でさえ酷評する人の深い闇

安易な「手のひら返し」や「厳罰続行」は禁物

「誰もが当てはまる現代人の落とし穴」が見え隠れします(写真:時事通信フォト)

2月13日、タレントのベッキーさん(34歳)が、プロ野球ジャイアンツ・片岡治大ファーム内野守備走塁コーチ(35歳)との結婚を発表。自身のインスタグラムに「私事ではありますが、先日、読売巨人軍内野守備走塁コーチの片岡治大さんと結婚いたしました。これからも、感謝の気持ちを忘れず、ゆっくりと、しっかりと歩んでいきます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします」とコメントしました。

ベッキーさんのインスタグラムや、結婚を報じる記事へのコメント欄には、「おめでとう!」「今度こそ幸せになって」などと祝福の声が飛び交っています。

振り返ること約3年前の2016年1月、「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さん(30歳)との不倫騒動がありました。謝罪会見でのウソや『週刊文春』によるLINE流出もあって、世間のムードは批判一色。「だますなんて許せない」「今すぐ引退しろ!」「二度と顔を見せるな」などの厳しい声が殺到し、ベッキーさんはレギュラー番組やCMを降板し、芸能活動休業を余儀なくされました。

その後も復活の兆しを見せないまま、3年が経過しての結婚発表だったのです。しかし、ベッキーさんの結婚に関する祝福コメントに、温かいものは感じません。むしろ、「たたきまくった分の埋め合わせ」をするような薄ら寒いものを感じてしまうのです。

3年間にわたる批判と今回の祝福。ベッキーさんに浴びせられたコメントの落差は、「手のひら返し」という軽いイメージではなく、さながら「天使と悪魔」のように感じてしまいます。なぜ普通の生活を送っている一般の人々が、まるで2重人格のようなコメントを他人に浴びせてしまうのでしょうか。

その理由は、よく言われる「無責任だから」「ストレス発散のために」「想像力に欠けるから」ではなく、誰にでも当てはまる落とし穴が潜んでいるのです。

嵐「無責任質問」でも見られた手のひら返し

まず「手のひら返し」のエピソードで記憶に新しいのは、1月27日に開かれた嵐の会見における「無責任質問」。活動休止や会見の内容以上に反響を呼んだのは、ある記者の「『お疲れ様でした』という声もある一方で、『無責任』という指摘もあると思う」という発言でした。

ネットニュースやテレビのワイドショーでフィーチャーされたこともあって、記者への批判が過熱。記者の実名が特定されて吊るし上げの状態となり、あまりの断罪ぶりに業界内では「しばらく仕事ができないのではないか」とすら言われました。

次ページその後、世間の様相は一変
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。