40歳で結婚した女性が最後に残した「条件」

人生の折り返し地点で結婚するならどんな人

「自分はどんな人が好きなのか」を改めて考えた(イラスト:堀江篤史)

「40歳は人生の折り返し地点ですよね。働き始めて約20年で、これから先も定年まで20年あります。その40歳になったときにどんな暮らしをしていたいのか。自分の姿を想像して、独身一人暮らしのままではいたくないと強く思いました」

ここは東京・中野にある中華料理店。名物のスペアリブの黒酢炒めなどを食べながら、会社員の杉山明美さん(仮名、40歳)の話を聞いている。20代の頃はレストランで働き、現在の仕事に就くまでは食品関連の講師業をしていた明美さんは、飲食が好きな明るい雰囲気の女性だ。

この連載の一覧はこちら

30歳頃までは仕事と遊びに夢中だったという明美さん。何人かの男性と付き合ったが、結婚しようとは思わなかった。

「仕事を頑張っていて稼ぐことが好きな男性ばかりでした。そういう人は自分から情報をつかみにいくので話が面白いし、失敗しても笑いのネタにする根性がありますよね。でも、結婚相手には家庭を守ってほしいという人が多くて、外で働きたい私の希望とは違いました」

「このまま独身ではマズイ」

そんな明美さんが「このまま独身ではマズイ」と痛感したのは35歳になった頃だ。気がつくと同世代のほとんどは結婚している。一方で、40歳を過ぎても独身の友人は「婚活が大変。出会いがない」と嘆いている。自分はどうしたいのか。30代のうちに準備して結婚しなければ後悔すると思った。

友人が紹介してくれた結婚相談所に登録すると、たくさんの男性会員からアプローチを受けた。明美さんによれば、新規登録して3カ月ほどは「モテ期」が続くらしい。月に5人ぐらいのペースでお見合いを繰り返し、そのうちの1人とはデートを続けることができた。2歳年上の公務員男性である。

次ページその男性との相性は良くなかった
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
直撃!公取委の本音<br>杉本委員長が激白

リニア談合に地銀の統合、アマゾンジャパンへの立ち入り検査まで、公正取引委員会が「一喝」を繰り出す場面が増えている。司令塔である杉本和行委員長が語る、国際標準の競争政策。