「交際ゼロ日婚約」したアラフォー男女の事情

「スナック大宮」でついに成婚カップルが!

ついに筆者の念願がかなった、初の「スナック大宮」内結婚に至る経緯とは?(イラスト:堀江篤史)

神奈川県内の古い繁華街に来ている。表通りを少し外れたところに小さなマンションがあり、自営業の小林健太さん(仮名、40歳)と会社員の真央さん(仮名、38歳)が今年の夏から新婚生活を営んでいる。一人暮らし用のような間取りではあるが、センスよく整えられているので狭さは感じない。筆者が招き入れられたリビングにはベビーベッドが置かれていた。

最初から結婚前提で交際開始

この連載の一覧はこちら

今年の春に出会い、デートを重ねて2カ月後には交際を始めた健太さんと真央さん。最初から結婚前提であり、交際してすぐに子作りを始めた。両家の顔合わせ、引っ越し、入籍は妊娠がわかった後のことだ。

「時間と健康だけは何かと交換できません。僕たちは不妊治療を受けるつもりはないので、子どもが欲しいのであれば時間を最優先しなければなりません。順番に、なんて言っている場合ではありません」

健太さんは穏やかな笑顔を浮かべながら、やや早口で説明する。彼には離婚歴がある。一人息子は前妻が引き取って育てているため、多くはない収入から養育費を払い続けている。離婚の理由は浮気やギャンブルなどのわかりやすいものではないという。この記事がもとで前妻を怒らせて息子に会えなくなるリスクは負えないと、多くを語ってはくれなかった。

離婚をしたものの、健太さんは「もう結婚はこりごりだ」とは感じなかった。むしろ、人恋しさが募ったようだ。今度こそ幸せな家庭を築きたい、できることならまた子どもを育ててみたい、と思った。

人懐っこくてサービス精神旺盛な性格の健太さん。花見やバーベキュー、友人宅を借りてのホームパーティまでを毎月のように企画して、多ければ20人超のメンバーを集めて酒盛りをするのが趣味だ。男女の区別なく出会いを楽しみつつ、気が合いそうな女性とは積極的にデートをし、再婚を模索していた。趣味と実益の両立である。

「僕は、1人でいるよりも家族と過ごすほうがいい。できれば子どもも欲しいので、相手にもある程度の若さを求めていました。すごくカッコよかったりお金持ちだったりすれば、50歳になっても若い女性と結婚できるかもしれません。でも、特別なものを持たない僕が30代の女性と結婚したいのであれば、自分も若いうちでないといけません」

冷静かつ謙虚な自己分析である。離婚経験によって覚悟が決まったのかもしれない。では、新妻の真央さんのほうは38歳になるまでどのような恋愛をしてきたのだろうか。

次ページ気がつくと30歳を過ぎていました
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。