30~40代男の「婚活」に見える残酷すぎる現実

「安くて簡単な」出会いの成婚率は高くない

女性はシビアです(写真:kou / PIXTA)

前回のコラム「30~40代男の『若い子との結婚』が無謀なワケ」(12月14日配信)には多くの反響をいただき、その中には「第2弾をぜひ」というリクエストもたくさんありました。

そこで第2弾を書くことにしたのですが、テーマに選んだのは、婚活パーティーと婚活サイトの現実。これまで1万人を超える婚活相談に乗ってきましたが、約9割の人々がどちらか、または両方を経験していました。

私のようなコンサルタントに相談する以上、成功していないのは明白ですが、ほとんどの人が「全然うまくいかない」というのは大きな問題。特に30~40代の独身男性たちは、現実を突きつけられ、つらい思いをしていました。

しかし、婚活パーティーや婚活サイトが成婚カップルを生み出し、事業として成立している以上、成功者がいるのも、また事実。彼らの成否を分けるのはどんなことなのでしょうか。

短期間で白黒をつけ合うシビアな場

まず婚活パーティーと婚活サイトの本質を簡潔に説明しましょう。この2つは、「婚活」と言えば誰もが思い浮かべるものですが、良く言えば“最も楽できる結婚目的の出会い”。悪く言えば“条件を突きつけ合い、短時間で相手を品定めする残酷な場”。つまり、「縁のない女性との出会いをお膳立てしてもらえる」というメリットが得られる一方、「年齢・外見・収入などの簡単なプロフィールしか分からない相手と、短時間で白黒をつけ合わなければならない」というデメリットがあります。

「独り身の将来に不安を感じて婚活をはじめた」という貴男さん(仮名、42歳)のエピソードを紹介しましょう。

貴男さんは、2つの婚活パーティーへ参加しつつ、最大手の婚活サイトに登録。婚活パーティーでは、「思っていた以上にかわいらしい女性がいて希望が持てた」ものの、目安にしていた“35歳までの女性”からはまったく相手にしてもらえなかったそうです。それどころか、けっきょく誰からも“気になる人マーク”をもらえず、最後のマッチングも不成立で、連絡先を得られず終了。「もうこんな思いはしたくない」とやり切れない気持ちで、逃げるように会場を去ったそうです。
一方の婚活サイトでも、30数人にメッセージを送りながら返事は2通のみで、しかも二度やり取りをしただけでフェードアウトされてしまいました。メールのやり取りすらままならない原因を探ろうとネット検索をしたところ、「40代のオッサンが必死にメッセージを送りまくってきて困る」「ちょっと話しただけで『何で今まで結婚できなかったのか?』がすぐにわかるほど話が下手で引いた」などの厳しい言葉を見つけてますますショックを受けてしまったのです。
次ページ婚活サイトでは、30数人にメッセージを送ったが…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。