「あなたの番です」の熱狂に見えたドラマの未来

視聴者の今をとらえたコンテンツのすごみ

名作よりもすごい作品がコンテンツビジネスの可能性を切り開きます(東洋経済オンライン編集部撮影)

何度もツイッターの世界にランクインしたほか、1位も記録。「#あなたの番です考察」が飛び交うなど、ネット上に書き込みが殺到しているほか、ユーチューバーが考察トークライブを企画するなど、ドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)が、かつてないほどの盛り上がりを見せています。

しかし、4月のスタート当初は、「長編ミステリーで2クール(半年間)は持たない」「30人超の主要キャラクターは多すぎて理解してもらえない」「殺人ばかりで日曜夜に見るドラマとしては暗すぎる」という否定的な声が多数を占めていました。

実際、クチコミだけでなく序盤の視聴率も、前々期の『今日から俺は!!』、前期の『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』を大幅に下回っていましたが、中盤以降はクチコミ、視聴率ともに右肩上がり。この1週間は9月8日の最終話に向けて、「楽しみで待ちきれない」「最高視聴率更新は確実」などのポジティブな声が飛び交っていました。

『あなたの番です』について見解を尋ねたところ、ある民放テレビ局のドラマプロデューサーは「間違いなく今年最大のヒット作」、ある経済系雑誌の編集長は「ドラマだけでなく、エンタメ全般、あるいは、あらゆるコンテンツの中で、今年最も支持された商品ではないか」と言っていました。

ここでは最終話の予想やミステリーの考察ではなく、『あなたの番です』がビジネスとしていかにすごいのか? エンタメに限らずコンテンツとしてどんな可能性を見せているのか?を掘り下げていきます。

話題性を高める大・中・小の複合的な仕掛け

『あなたの番です』のテーマは、同じマンションの住民たちによる交換殺人ゲーム。連続殺人事件をめぐるミステリーであり、日本テレビとしては約25年ぶりとなる2クール放送の作品です。

半年間の長丁場を乗り切るために、制作サイドが最も重視したのは話題性。なかでもネット上の話題性を高めるために、関心や衝撃のサイズが異なる大・中・小の仕掛けを繰り出しています。

次ページ各話の最後に衝撃シーン
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。