「怒る」と「叱る」の違いを知らない上司の大盲点

なぜ部下を人前で叱る上司ほどダメなのか

次に、叱る方自身の「気持ち」を伝えます。ここがとても重要です。

「私は、○○さんに期待していたので、今とても残念な気持ちになっています。と同時に本当に失望しています。また会議参加メンバーも、会議ができなくなったことで、全員がとても不快な気持ちになっています」

この上司の気持ちを伝えることにより、若手は自分のしたことを冷静に理解し、多くの人の気持ちを不快にさせてしまったと、ロジカルに受け止めることができます。そのうえで、「どう思いますか?」と聞いてみます。上司の気持ちを伝えられると、若手はそんな気持ちにさせてしまったことに反省が生まれます。その場で「申し訳ありませんでした」と謝罪の言葉があればそれでOKです。次に遅刻しないためにどうすればいいかを一緒に考えます。

もし、弁明があればここで説明するはずです。電車の遅延、車の渋滞などが理由ならば、そう説明するでしょう。それを受けて、「そういうときはどうすることが必要だと思う?」と聞いてみます。ここから、そのような場面の対策や、遭遇しないための予防策を話し合うことができます。例えば、「大事な会議の時は、30分早く家を出る」などです。

この話し合いで、相手は反省しているので大きく落ち込んでいます。そんなときは、フォローが必要です。慰めの言葉やねぎらい、思いやりの言葉を伝えます。もしも自己開示できるならば、とても有効です。自分自身の失敗談や、「あなたの気持ちは分かる」と共感していることを示すエピソードを話すといいでしょう。

最後は期待で締めることがポイント

「○○さんには、将来こんな仕事をしてもらいたいと期待している」

「今後リーダーになってもらいたいと期待している」

などと言うことで、「叱ってはいるが、見捨ててはいないんだぞ」という気持ちを伝えます。これによって、若手は大きな「安心感」を得られます。

『今どきの若手の育て方』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

それを伝えたうえで、最後に、「今後は今日の反省を生かして、遅刻しないよう努力してください」と伝えてみてください。「事実」と「気持ち」を冷静に伝えることで、多くの方に迷惑をかけ、不快な気持ちにさせてしまったことを理解することができます。だからこそ、そこに反省という気持ちが生まれます。

さらにそのうえで、今後の対策を話し合い、フォローと期待を伝えることで、自分のために叱ってくれているということが若手に分かるのです。

自分のために叱ってくれているのが理解できると、相手に対しての信頼を醸成することになります。叱ることでも、実は「信頼関係」が築けるのです。

アルファポリスビジネスの関連記事
上手な「感謝」こそが、若手に「次も頑張ろう」と思わせる。
若手と組織の雰囲気をガラッと変えられる上司は、感謝の伝え方がとにかくうまい。
3分間話を聞くだけで、部下との関係性が劇的に変わる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT