「怒る」と「叱る」の違いを知らない上司の大盲点

なぜ部下を人前で叱る上司ほどダメなのか

「叱る」と「怒る」の違い、ご存知ですか? (写真:Fast&Slow/PIXTA)
長年アパレル企業で若手のマネジメントに携わってきた石田祐一郎氏による連載「今どきの若手の育て方」。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボにより一部をお届けする。

うまい叱り方で、さらに若手との信頼関係がつくれる

まず、ここでしっかりと理解しなくてはいけないことは、「叱る」と「怒る」の違いです。

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

「叱る」には目的があります。相手の成長を促すことです。相手の「できていない点」や「改善すべき点」を指摘し、今後に活かして、成長してもらいたいと思って叱るのです。

しかし「怒る」は、そういった目的はありません。ただ感情をぶつけるだけです。この違いを明確に理解することが必要です。もしも、相手の成長を促すという思いがないならば、何もしない方がましです。うまく「叱る」ポイントは3つあります。

・人前で叱らない。
・叱るは一つに絞る。
・5ステップで叱る。

順番に見ていきましょう。

次ページ人前で叱らない
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
鉄鋼不況の常態化は必至<br>迫られる国内リストラ

日本製鉄をはじめ、JFE、神戸製鋼所の鉄鋼3社は、強烈な不況に苦しんでいます。主力の鉄鋼事業の利益が急減し、逆風は一時的とは思えません。買収を含めた海外での拡大、国内拠点のリストラなど、生き残り策の深層をリポートします。