「ウイスキー派」に教えたい英語での注文のコツ

英語で頼もう!「水割り」「ハイボール」

さまざまな飲み方が楽しめるウイスキー。海外のバーでも自分の好きな飲み方で注文できるよう、基本的な表現をお伝えします(写真:horiphoto/PIXTA)

最近は糖質制限ブームもあって、飲み会でハイボールを注文する方も増えましたよね。筆者はそのためではないのですが、もともとお酒といえばウイスキー派。ウイスキー仲間が増えたようで嬉しく感じます。

今回は、そんなウイスキーについての英語にまつわるお話です。さまざまな飲み方が楽しめるウイスキー、海外のバーでも自分の好きな飲み方で注文できるように、基本的な表現を覚えてみてはいかがでしょうか。So, what can I get you? (ご注文、何にしますか)

ウイスキー飲み方いろいろ

筆者は食事中にウイスキーを飲むときは、ハイボール。じっくりウイスキーを堪能するときには、基本的にはストレート。そして、バーボン(アメリカンウイスキー)だけはロックで飲むのが好きです。

この連載の一覧はこちら

あまりウイスキーになじみがないという方でも、ハイボールや水割りなどは意外に身近に感じられるのではないでしょうか。飲み方のバリエーション豊かなウイスキーですが、英語でこれらを注文するときにはどのように言えばよいのか、一緒に見ていきましょう。

ストレート neat
ロック   on the rocks
ハイボール (whisky) and soda
水割り   (whisky) and water

 

 

 

まずは、この4つを覚えておくと便利でしょう。「ストレート」は英語でもstraightと言うことができます。straightneatは同じ意味なのですが、似たような名前のstraight upという飲み方があり、ネイティブでも混同することがあるようなので、「ストレート」を頼みたいときにはneatを使うと確実です。

ちなみに、発音は一緒ですが、neet(ニート)とは別の単語です。neetnot in education, employment, or training(学生でもなく、就労者でもなく、職業訓練中でもない)の頭文字から来ています。

次ページロック、ハイボールにしてほしいときは
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。