「ウイスキー派」に教えたい英語での注文のコツ

英語で頼もう!「水割り」「ハイボール」

さまざまな飲み方が楽しめるウイスキー。海外のバーでも自分の好きな飲み方で注文できるよう、基本的な表現をお伝えします(写真:horiphoto/PIXTA)

最近は糖質制限ブームもあって、飲み会でハイボールを注文する方も増えましたよね。筆者はそのためではないのですが、もともとお酒といえばウイスキー派。ウイスキー仲間が増えたようで嬉しく感じます。

今回は、そんなウイスキーについての英語にまつわるお話です。さまざまな飲み方が楽しめるウイスキー、海外のバーでも自分の好きな飲み方で注文できるように、基本的な表現を覚えてみてはいかがでしょうか。So, what can I get you? (ご注文、何にしますか)

ウイスキー飲み方いろいろ

筆者は食事中にウイスキーを飲むときは、ハイボール。じっくりウイスキーを堪能するときには、基本的にはストレート。そして、バーボン(アメリカンウイスキー)だけはロックで飲むのが好きです。

この連載の一覧はこちら

あまりウイスキーになじみがないという方でも、ハイボールや水割りなどは意外に身近に感じられるのではないでしょうか。飲み方のバリエーション豊かなウイスキーですが、英語でこれらを注文するときにはどのように言えばよいのか、一緒に見ていきましょう。

ストレート neat
ロック   on the rocks
ハイボール (whisky) and soda
水割り   (whisky) and water

 

 

 

まずは、この4つを覚えておくと便利でしょう。「ストレート」は英語でもstraightと言うことができます。straightneatは同じ意味なのですが、似たような名前のstraight upという飲み方があり、ネイティブでも混同することがあるようなので、「ストレート」を頼みたいときにはneatを使うと確実です。

ちなみに、発音は一緒ですが、neet(ニート)とは別の単語です。neetnot in education, employment, or training(学生でもなく、就労者でもなく、職業訓練中でもない)の頭文字から来ています。

次ページロック、ハイボールにしてほしいときは
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT