外国人は日本人の「こんな言動」に困惑している

英語ネーティブが内心嫌がる「5つのこと」

外国人と話すとき、知らずに相手に不快な思いをさせてはいませんか?(写真:tkc-taka/PIXTA)

社会人たるもの、言葉遣いはもちろんのこと、相手に不快な思いをさせないように、しぐさや話題に気をつけるのは最低限のマナーですよね。これは日本語に限ったことではなく、英語でも同じ。いや、きっと何語でも同じなのでしょう。でも、私たち日本人がよかれと思って行っていることが、実は異なる文化では失礼なこととして捉えられてしまうこともあるようです。

筆者の会社で働く英語ネーティブの同僚たちに、日本人と話しているときに気になる「やめてほしいこと」はないか聞き込みをしてみました。今回はその中から多く挙がった5つを紹介いたします。皆さんも、外国人と話すとき、知らずに相手に不快な思いをさせていないかどうか、チェックしてみてください。

その1 アイコンタクトを取らない

いちばん多く挙がったのが「アイコンタクト」でした。これは筆者もレッスンをしていると気になることがありますので、ネーティブからは出てくるだろうと予想はしていましたが、堂々の第1位。英語圏では会話をするときにしっかりと相手とアイコンタクトを取るのが常識です。日本人は全体的にアイコンタクトをしない印象があります。

この連載の一覧はこちら

最近は少しずつ変わってきている気もしますが、基本的にはばっちりと目線を合わせるのは、あまり得意ではないようですね。相手に失礼だと大昔に習った記憶さえあります。視線は「ネクタイの結び目」とか「額の真ん中」とか言われましたが、さすがに今はどうなのでしょうか。個人的には「何かついてる?」と気になってしまいますが(笑)。

個人差は当然ありますが、現代の日本人はアイコンタクト自体にはそれほど抵抗がないものの、程よいところでたまに視線をそらすというのが一般的、心地よいように見受けられます。筆者はちょっと取りすぎているみたいなので、気をつけるようにしています。

ネーティブたちに聞いてみると、目が合ったときに相手が視線をそらすと「何かを隠しているのではないか」と不信感を抱いてしまうのだとか。中には「あなたの話に興味がない」というメッセージにも取れるというコメントも。

慣れるまではなかなか難しいと思いますが、外国人と話すときにはちょっと我慢して、意識的に少し長めのアイコンタクトを取るようにするといいかもしれません。また、目が合ったら軽く微笑むくらいの感じが好印象です。さすがに英語圏でも無表情で見つめられたら、ちょっと怖いです。

次ページ照れ笑いはキケン…?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT