「ウイスキー派」に教えたい英語での注文のコツ

英語で頼もう!「水割り」「ハイボール」

最後に、ウイスキーの語源についてもふれておきたいと思います。

もともとは、ケルト民族の言葉Gaelic(ゲール語)の uisge beatha(スコットランド)やuisce beatha(アイルランド)が語源のようです。「ウィシュケ・ベハ」というような発音だったようで、16世紀くらいにはusquebaughという英語の単語になり、whiskybaeという英語ふうのつづりを経て、現在のwhiskyという単語に短縮されたのだそう。

uisge/uisceは「水」、beathaは「命」という意味なので、ウイスキーの語源は「water of life(命の水)」とのことです。でも、whiskyに短縮されてしまったので、単に「水」って言っていることになります。「どうりでガブガブ飲んでしまうわけだ!」という言い訳に使うことにしましょう。

この「命の水」はラテン語で蒸留酒を指していたaqua vitae(命の水)をゲール語に翻訳したものだと言われていますから、蒸留酒の作り方と一緒に、「命の水」という呼び方も輸入されたのでしょう。このラテン語aqua vitaeからは、フランス語で「ブランデー」を意味するeau-de-vie(直訳すると「命の水」)や、ロシア語で「ウォッカ」を意味するvodka(直訳すると、voda〔水〕に「小さい」という意味を加えた「小さい水」)などもできたそうです。

なんと、言語的には、ウイスキーもブランデーもウォッカも、みんな親戚みたいなものだったんですね。

whisky それとも whiskey?

ウイスキー好きの方なら、すでにご存じかもしれませんが、英語にはウイスキーのつづりが2つあります。ぜひ、ウイスキーのラベルを見てみてください。

筆者の手元にあるウイスキーでちょっと見てみますと、スコッチウイスキーの1つ「Talisker(タリスカー)」にはSingle Malt Scotch Whiskyと書かれています。一方、アイリッシュウイスキーの1つ「Connemara(カネマラ)」にはPeated Single Malt Irish Whiskeyと書かれています。実はこれ、どこの国のウイスキーなのかによって使い分けられるのです。

世界的なウイスキー生産国として、スコットランド、アイルランド、アメリカ、カナダ、日本の5カ国が有名ですが、これらの国で作られるウイスキーは「世界の5大ウイスキー」と呼ばれています。そのうちの2つ、スコットランドで作られるスコッチウイスキーはwhiskyというつづり、アイルランドで作られるアイリッシュウイスキーはwhiskeyというつづりだというのは上記に書いたとおりです。では、ジャパニーズ、アメリカン、カナディアンはどうなのでしょう?

実は、アメリカンはwhiskey、そしてカナディアンとジャパニーズはwhiskyというつづりを使用しています。皆さんもウイスキーがお手元にあれば、ぜひ確認してみてください。ただし、アメリカンの中にはMaker’s MarkGeorge DickelOld Foresterなどのように例外的にwhiskyというつづりを使っているものがあります。

飲み方から語源まで、味わい深いウイスキーの世界。新年会で披露するうんちくとしてでも、お役に立てばうれしいです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT