東大合格者の「英単語の覚え方」が効率的すぎる

東大受験指導の専門塾「鉄緑会」に聞いてみた

なかなか克服できない英単語。東大合格者はどう攻略したのか(写真:KAZE/PIXTA)
東京大学受験指導専門塾「鉄緑会」が手がけた英単語集『鉄壁』。およそ700ページ、3000以上の見出し語が収録されたこの単語集を、東大合格者はいかに使いこなし、習得し、合格を勝ち得たのか?
TOEIC990点を80回以上取得している英語講師・森田鉄也氏が、著者である鉄緑会・三木秀則氏の元を訪れ、その秘密を探る。

今や東大受験者のバイブルとなっている『鉄壁』。最近では他の大学を受ける受験生や社会人からも人気を集めている。このヒット作が生まれるまでの過程と効果的な使い方を知るため、著者である三木先生を訪ねて10月某日、代々木の鉄緑会本部へと足を運んだ。

鉄緑会とは、毎年約400名の東大合格者を輩出している東大専門の名門進学塾。東大の中でも難関である医学部、法学部受験生のための極めて特殊な進学塾だ。指定校選抜による少数精鋭の学生、東大出身者で構成される講師陣で独自の教育を行っている。

『鉄壁』誕生のきっかけ

まずこの本が生まれるきっかけを聞いた。「面談をしていると生徒たちが単語をきちんと覚えられていないことに気がつきました。単語帳を何周もしているのに、テストをしてみると3割程度しか頭に入っていない人が多かったんです」。

そこで三木先生は自作の単語学習用のプリントを作成しはじめた。これが今の『鉄壁』の原点である。プリントには、苦労せずに覚えられる工夫、一度見たら忘れられない工夫が散りばめられていた。『鉄壁』はこれを踏襲している。

では、具体的にどういった工夫がなされているのだろうか?

次ページ『鉄壁』の特徴は?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。