「ウイスキー派」に教えたい英語での注文のコツ

英語で頼もう!「水割り」「ハイボール」

「ロック」はon the rocksrockを複数形にしてください。カタカナで「オン・ザ・ロック」と言うこともあるので、間違えてしまいそうですが、気をつけましょう。「ハイボール」は英語でもhigh ballという単語があるのですが、日本のように「ウイスキーを炭酸で割ったもの」だけを指すわけではないので、注文のときにはwhisky and sodaと言いましょう。

お好みの銘柄でハイボールにしてほしいときは、Bowmore and soda(ボウモアのハイボール)のように、ウイスキーの名前を言ってください。銘柄を指定せずにwhisky and sodaと注文するとwell drinkと呼ばれる店でいちばん安いウイスキーでハイボールが作られてしまいますので注意が必要です。

「水割り」はハイボールと同じ要領で、whisky and waterと言えば通じます。Yamazaki and water(山崎の水割り)のようにこちらも銘柄を指定したいときはウイスキーの名前を言いましょう。

チェイサーはなんと言う?

ウイスキーをストレートやロックで飲むときには、チェイサーも一緒に頼んだほうが安全ですよね。そのときにはbackという単語を使います。

チェイサー(水) a water back
チェイサー(ビール) a beer back
チェイサー(コーラ) a cola back
チェイサー(炭酸水) a soda back

 

 

 

日本で「チェイサー」と言うと自動的に水のイメージですが、アメリカでは、水だけでなく、ソフトドリンクや弱めのお酒の場合もあります。

筆者はいつもwater backですが、のんべえ仲間にはbeer backでウイスキーを飲むつわものもいます。コーラをチェイサーにしたいときは、cola backと言えば大丈夫です。コーラの銘柄も指定したければCoke backPepsi backと言うこともできます。でも、「コークはないから、ペプシでいい?」とか言われちゃうかもしれませんけど。

backを使う代わりにon the sideと言うこともできます。water on the sidesoda on the sideのように言うと、チェイサーとして持ってきてくれます。どちらを使うのかは地域差もあるようですね。地域差と言えば、soda backを注文すると、炭酸水ではなくて、soda pop(コーラとかジンジャーエールなどの炭酸飲料)が出てきてしまうところもあるかもしれません。筆者はwater backしか頼まないので、その実体験はないのですが……。

次ページ実際に注文するときのライン例
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT