お年玉は中高生がお金について学ぶいい機会だ

親がお年玉で子どもに伝えるべき事とは

親子でお金について話してみませんか? (写真:Rhetorica/PIXTA)

新年を迎え、お年玉をもらえるということでワクワクしている子どもたちも多いはずだ。大人からすれば子どもたちが喜ぶ姿というのは可愛いものだが、子どもも中学生や高校生にもなると未就学児や小学生の頃に比べればリアクションは薄くなるかもしれない。

しかし、その分、知識や経験も増えているため、お年玉をきっかけにして、子どもたちとお金について学ぶ機会にもなりうる。今回は子どもとお金の話をする際の材料を共有していきたい。

中高生のお年玉事情とは?

中高生のお年玉の相場はどれぐらいなのだろうか。金融広報中央委員会が発表した「子どものくらしとお金に関する調査(第3回)(2015年度)」によれば、全体の65%近くがお年玉としてもらった総額が「1万円~5万円」の範囲に収まっている。

次ページお年玉の使い道は…?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT