お年玉は中高生がお金について学ぶいい機会だ

親がお年玉で子どもに伝えるべき事とは

親子でお金について話してみませんか? (写真:Rhetorica/PIXTA)

新年を迎え、お年玉をもらえるということでワクワクしている子どもたちも多いはずだ。大人からすれば子どもたちが喜ぶ姿というのは可愛いものだが、子どもも中学生や高校生にもなると未就学児や小学生の頃に比べればリアクションは薄くなるかもしれない。

しかし、その分、知識や経験も増えているため、お年玉をきっかけにして、子どもたちとお金について学ぶ機会にもなりうる。今回は子どもとお金の話をする際の材料を共有していきたい。

中高生のお年玉事情とは?

中高生のお年玉の相場はどれぐらいなのだろうか。金融広報中央委員会が発表した「子どものくらしとお金に関する調査(第3回)(2015年度)」によれば、全体の65%近くがお年玉としてもらった総額が「1万円~5万円」の範囲に収まっている。

次ページお年玉の使い道は…?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。