お年玉は中高生がお金について学ぶいい機会だ

親がお年玉で子どもに伝えるべき事とは

親子でお金について話してみませんか? (写真:Rhetorica/PIXTA)

新年を迎え、お年玉をもらえるということでワクワクしている子どもたちも多いはずだ。大人からすれば子どもたちが喜ぶ姿というのは可愛いものだが、子どもも中学生や高校生にもなると未就学児や小学生の頃に比べればリアクションは薄くなるかもしれない。

しかし、その分、知識や経験も増えているため、お年玉をきっかけにして、子どもたちとお金について学ぶ機会にもなりうる。今回は子どもとお金の話をする際の材料を共有していきたい。

中高生のお年玉事情とは?

中高生のお年玉の相場はどれぐらいなのだろうか。金融広報中央委員会が発表した「子どものくらしとお金に関する調査(第3回)(2015年度)」によれば、全体の65%近くがお年玉としてもらった総額が「1万円~5万円」の範囲に収まっている。

次ページお年玉の使い道は…?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT