複合施設「ハレザ」で池袋はどう変わるのか

ハイカルチャーとサブカルチャーが混ざる街

「GLOBAL RING」が特徴的な野外劇場を設置し、大規模改修中の池袋西口公園のイメージ(写真:豊島区)

吉岡:水戸岡氏のバラエティに富んだデザインは、わくわくします。赤くてかわいいイケバスは、乗ったら降りたくなくなりますね。間違いなく、池袋の新しいシンボルになります。

――現在開催中の「東アジア文化都市」は、池袋にどんな効果をもたらしますか。

近藤:「東アジア文化都市」は、2011(平成23)年、日中韓3カ国の文化大臣会合で合意されました。EU統合を進める過程で、毎年加盟国から一都市を選び、協力してその都市の文化活動を推進する「欧州文化首都」をお手本に、日本からの提案で決まったのです。2014(平成26)年からスタートし、その後すぐ尖閣諸島の問題がありましたが、途切れることなく実施されています。

国というのはどうしても安全保障や経済などの面で「ゆずれない線」があり、排除の論理が生じます。けれども文化と地域は、それらに縛られずに自由に交流ができる。今年も日韓に厳しい情勢がありつつも、続いているのはとても喜ばしいこと。豊島区の取り組みは、女性や高齢者などにやさしいまちづくりや、多様性を打ち出しており、先進的だと思います。文化都市のこれからの新しいモデルになると思いますね。

文化芸術とは、日常生活の中に自然にあるもの

吉岡:海外の文化都市は、大学と密接に結びつき、大学と文化施設とが協働しています。

近藤:区民から、国際アート・カルチャー特命大使を募り、任命した方が1400人もいらっしゃると聞き、大変驚いています。たくさんの人を巻き込む。その仕組みづくりができている点が豊島区の強みです。

正装してコンサートホールに行き、真面目に鑑賞することだけが文化芸術の楽しみ方なのではありません。文化芸術とは、日常生活の中に自然にあるものです。豊島区には日常的に文化芸術を楽しめる仕掛けと、文化芸術を広め、活動を支える人がいる。これは海外から見ても非常に魅力的ですね。楽しいということが一番。池袋は、ディズニーランドならぬ「高野ランド」と呼ぼうと思っています(笑)。

次ページ歩いて楽しい、立ち止まって楽しい
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT