複合施設「ハレザ」で池袋はどう変わるのか

ハイカルチャーとサブカルチャーが混ざる街

近藤誠一・豊島区国際アート・カルチャー都市懇話会会長(以下、近藤):いいえ、それについては真っ向から否定したい(笑)。お話をいただいて、これは面白そうだと思いました。

文化庁長官を六年前に退官したとき、日本は活力を十分発揮していない、力を出すためには「地域」と「文化」が不可欠であると確信したんですね。ところが、地域は疲弊していると言われ、政界や財界、社会全体には、文化はごく限られた人の趣味であり、コストがかかるだけだという考えがいまだに根強くある。

しかし、果たして本当にそうだろうか。都市経済学者のリチャード・フロリダは、これからの時代、都市は文化やクリエイティブ産業によって伸びていく、と主張しています。日本ではそういった視点や取り組みはまだ少ない。地域の特性を生かした新たな文化をつくり、それによってさらに地域が元気になる―そうした循環が豊島区で可能になるのではないかと思いました。高野区長の噂は聞いておりましたから。

高野:あんまりいい噂ではないような(笑)。

文化創造都市が成功するための5つのポイント

近藤:財政赤字を文化で黒字にした手腕をお持ちだと。懇話会が立ち上がって4年で、これほどのプロジェクトが実現するとは、正直、思っていませんでした。

文化創造都市が成功するには5つのポイントがあります。1に首長のリーダーシップ。2に住民のサポート。3が地域の特性を出すこと。4番目が芸術監督の登用です。思い切って採用し、その人の裁量に任せること。5番目はその地域に多様性があることです。

(右から)豊島区国際アート・カルチャー都市懇話会長で前文化庁長官の近藤誠一氏、豊島区長の高野之夫氏、前立教大学総長で東アジア文化都市2019豊島実行委員会全体統括の吉岡知哉氏。パネルは「ハレザ池袋」のイメージ(撮影:渡邉茂樹)

文化に金を使うなんてもったいないという声があっても、それを説得するだけの信念と情熱がトップにあるかどうか。たとえば文化創造都市のお手本としてよく知られているのは、フランスのナント市です。元市長・ジャン=マルク・エローが文化でまちを再生することを強く推し進めました。

エローは市長ののち、2012年には首相になりました。その人がルネ・マルタンという鬼才を芸術監督として任命し、クラシック音楽の祭典「ラ・フォル・ジュルネ」が誕生しました。クラシック音楽の新たな楽しみ方は世界中に広がり、日本でも2005年にスタートし多くの人を動員しています。昨年は池袋でも開催しましたね。

次ページ狭いエリアに、多彩な特性がひしめく池袋
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT