複合施設「ハレザ」で池袋はどう変わるのか

ハイカルチャーとサブカルチャーが混ざる街

吉岡:区長のアイデアですごいと思ったのは、まず、トイレをきれいにしようという取り組みです。公園をはじめ、公共施設の利用者の多くは女性ですから、とても大切な視点です。確かにきれいなトイレがあると、我々男性もまちを歩いていて安心しますね。

高野:「ハレザ池袋」の2階、3階に、かなり大きなトイレのスペースを設けました。あんな一等地につくって、何の意味があるのかと叩かれましたが、ただ数をつくるのではなく、パウダールームもつくって、コンシェルジュも置きました。

吉岡:8つの劇場は、幕間の休憩時間をずらして、共通のトイレを使えるようにしているんですよね。

高野:デッキで全部つないで、すぐ使えるようになっています。また一般の方も1階から上がって使えるようにするんです。

誰もが主役になれるまち

近藤:トイレの見学者が多くなりそうですね。

それから、「ハレザ池袋」にはホールのエントランスに向かう階段がありますが、ここがにぎわうとよいですね。

高野:あれは宝塚の大階段をイメージしているんです。

近藤:ああ、なるほど、すごいですね。

ハレザ池袋の中心に位置し、1300席を有する豊島区立芸術文化劇場(写真:豊島区)

高野:これ、うまく考えたでしょう。普通は、エントランスにホワイエがあって、ただ劇場に入っていくだけですよね。でも、この階段は、主人公になった気持ちで入ってもらうことができます。すばらしい作品を見た後は、トップスターになった気持ちで階段を降りられる。余韻が残るわけです。それがまち全体に広がっていったら、素敵なんじゃないでしょうか。ワクワク、ドキドキするでしょう。

――誰もが主役になれるまち。まずは階段で体験することから始まりますね。今日はありがとうございました。

(文・土屋典子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT