プリキュア女子vs.セーラームーン女子

「男に多くを求めない」女子が急増中

さとり世代は「男」についてもあきらめている

経済不況を背景に、家庭における父親の権威も大きく低下しました。「男=しっかりした存在」という幻想から自由に育った彼女たちにとって、男性とはいつも対等に横にいるもので、取り立ててリードしてほしい存在ではないわけです。

これは言い換えれば、「何ごとにも多くを求めない」今の若い世代が、「古き良き日本≒男らしい強さ」なんてものにも、当然、期待を寄せていない(期待しているのは、今の40代以上だけ)ということでもあります。

そんな「イマドキの女の子・男の子」が古い体質のカイシャに入ったとき、そこではいったいどのような衝突が起きるでしょうか? 「おじさん」と「おばさん」たちが厳しく彼らを矯正するのか、はたまた、カイシャのほうが変革を余儀なくされるのか?

世代間ギャップも手伝って、複雑さを極めていく職場の男女関係。「この人は女だから」「この人は男だから」と、一枚岩で考えたほうがシンプルで楽チンでしょう。それでも、自分が理解しにくいものを拒絶するのではなく、多様性に慣れていく姿勢こそが、今後、どの職場でも重要になっていくのは、間違いないところでしょう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT