パッとしない資料を作ってしまう人々の共通点

「頭の中をそのまま資料化」もやりがち

ビジネスマンには、資料作りにおける「デザイン力」が欠かせません(写真:kukai/iStock)
説得力のある資料を作ることは、ビジネスパーソンにとってプロジェクト成功の第一歩。しかし、伝えたいことを詰め込みすぎた資料はかえって読みにくく、後回しにされてしまうことも。
さまざまな企業の研修で資料作成やスライドデザインに関するアドバイザーも務め、『デザイン力の基本』の著者でもあるウジトモコ氏が、ビジネスを成功に導く「伝わる資料」の3つのポイントを紹介します。

中身がよくても「伝わらない」ことは多い

プレゼンテーションのスライド、企画書をはじめ「資料作成」のスキルはビジネスパーソンにとって必須です。「資料作成」における「デザイン力」は、伝えるスピードや説得力、どれだけ人が動いてくれるか、など作り手の見せる・伝える技術と直結しています。

せっかく中身がよい提案だったとしても、詰め込みすぎた内容は記憶に残りにくいですし、苦労してつくったのに読んでもらえないことにもなりかねません。また、第一印象がよくない資料は、多忙なビジネスパーソンにとっては「後回しのタスク」になりやすく、伝えたい情報が届かない可能性もあります。

このように残念なデザインの資料は、ビジネスを助けているどころか、あなたの足を引っ張っている可能性もあります。

私は企業の研修などで、スライドのデザインについてもアドバイスすることもありますが、「残念な資料」の共通点として「見やすく・わかりやすく」「パッと目を引く」状態に「なっていない」ことが挙げられます。

次ページ読みやすい資料はこんなにも効果的
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。