「えー、あー」が話し中つい出てしまう人の対処

頻繁に繰り返されることで相手も不快に

スピーチや会議などで〈えー〉〈あー〉を頻発する人は残念ながら評価が下がってしまいます。どうしたらこうした口癖を直せるのでしょうか?(写真:Sunrising/PIXTA)

9月6日に放送されたNHK「チコちゃんに叱られる!」で、「なぜ『えーと』と言ってしまう?」というお題が出ていました。

チコちゃんの答えは「話の主導権を握るため」というものだったのですが、私には異議があります。いえ、確かに拡大解釈すればチコちゃんの意見も間違いではないのでしょうが、もう少し深く分析したほうがいいのでは、と思うわけです。

拙著『スピーチや会話の「えーっと」がなくなる本』でも詳しく解説していますが、〈えー〉とか〈あー〉が出てしまうメカニズムがわかれば、それを出さないようにする対処法も見えてくるからです。

〈えー〉〈あー〉は人類普遍の問題

「えー、皆さん、こんにちは。」

こんな書き出しの原稿を書く人はまずいないでしょう。そりゃそうですよね、〈えー〉は不要な言葉ですから。

そもそも、スピーチや会議などで〈えー〉〈あー〉を頻発する人というのは、頼りなく見えますし、カッコ悪い。面接でこれが頻発する人は落とすという採用担当者もいるほどです。ですから、私が主催しているスピーチの講座にも、「私はすぐに〈えー〉と言ってしまうので、今日は絶対に〈えー〉と言わないように頑張ります。えー、……」と自己紹介をして、爆笑をかっさらう方がたくさんいらっしゃいます。

いざ人前に立ってマイクを握ると、開口一番、〈えー〉が出てしまう。ある人の場合、なんと1分間に16回も出ていました。4秒に1回は出てくるレベルです。これでは当然、聞いている人の耳に障ります。出そうと思って出しているわけではないだけに、この問題に悩んでいる人は多いのです。

もちろん、雑談程度や短い時間で話すのであれば、まわりはそこまで気にしません。開口一番、「えー、私は」と言ったとしても、聞き手は「イヤ! こんな人」というほどの拒否感は持ちません。言った本人もとくに恥ずかしいとは感じませんし、そもそも〈えー〉〈あー〉を言っている自覚すらない人も多いでしょう。

しかし頻繁に繰り返されることによって、徐々に、そして確実に、聞き手は聞く気が削がれていきます。ちなみに、このようなスピーチや会話に頻出する〈えー〉や〈あー〉などの無意味な言葉を「フィラー(Filler)」といいます。「Fill」が「詰める」で、「er」は「するもの」を意味する接尾辞です。

次ページどうすればなくすことができる?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT