説明のヘタな人に教えたいたった1つのコツ

自分に「ズバリ何?」と聞いてみよう

結論から先にうまく言うために必要なこととは?(写真:maroke / PIXTA)

話の結論が出てこない……。

「結論ファースト」。この言葉を聞いたことがある人は少なくないでしょう。

何かを話すときは、まず結論から述べること。それは多くの人がわかっています。ただ、わかってはいても、ついついプロセスの話が長くなったり、無駄な内容が多かったり、言いたいことが相手に伝わらないことはよくあります。

たとえば、上司から突然、「今月の営業目標は達成できそうか?」と聞かれたケース。

上司:「今月の営業目標は達成できそうか?」

部下:「今月の営業目標ですか? そうですね~、いま攻めているA社があるんですが~、あそこの大口契約が取れればギリギリ達成できそうな気がするんですけど~、もしそこを逃すと結構厳しい状況でして……、目標達成率は7割というところでしょうか……」

このケースの結論は、「目標達成率は7割」ということです。上司もそこがわかったほうがアドバイスしやすいはずです。しかし、なかなかスパッと結論が出てこないことが多いです。

特に悪い報告をするケースはそうです。

これはなぜでしょうか?

拙著『10秒でズバッと伝わる話し方』でも解説していますが、結論から述べる「やり方」をきちんと学んでいないことに原因があると考えられます。

結論ファーストを実施するには?

いくつか方法があると思いますが、「ズバリ発想法」をご紹介したいと思います。

「ズバリ発想法」とは何か? それは、「ズバリ何?」と質問されると、ズバリ答えてしまうという脳機能を使う手法です。

理解を深めるために、まずは質問します。

「あなたの特長を3つ教えてください」

(30秒……シンキングタイム)

どうでしょう。3つ出てきましたでしょうか?

次ページ「ズバリ何?」と質問されると、ズバリ答えてしまう?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT