バラが食べられる?花業界で起きる「大変革」

サブスクからSNSまで、異業種から相次ぐ参入

「SNSで発信するなど消費者のニーズをとらえられれば、もっと共感は得られるはず」と語るROSE LABOの田中綾華社長(撮影:尾形文繁)

市場が縮小し続ける花卉(かき)業界に、新風が吹き始めている。その新しい風の担い手は、それまで花卉業界とはまったく無縁だった異業種の若者たちだ。

「地方の人でも、栽培時の様子を動画で配信するなど、1次産業のアナログな部分とテクノロジーを組み合わせれば成長していける。花市場が縮小しているのは事実だが、どの国でも花業界がなくなることはない」

そう言って笑顔を見せるのは、埼玉県深谷市で「食べられるバラ(エディブルフラワー)」を生産・販売する「ROSE LABO」の社長、田中綾華だ。

バラ農家へいきなり弟子入り

田中はまだ26歳。私立大学に在学中、自分の進路で思い悩んでいたときに、母親から「食べられるバラがある」という話をたまたま聞き、一念発起して大学を中退。ネットで探して見つけた大阪のバラ農家へいきなり弟子入りした。

家族経営だったバラ農家に泊まり込み、2年間修業。バラ栽培の難しさを体感した。同時に「バラ農家は作るプロだが、売るプロではない」という農家のプライドが弱点になっていると感じてもいた。

「このままではどんなにいいバラを作っても、可能性は終わってしまう。SNSで発信するなど、消費者のニーズをとらえられれば、もっと共感は得られるはず」

田中が着目したのは、バラの中に美容や健康にいい成分が含まれているという点だ。「花が食べられる」ということも一般の人にはあまり知られていない。そこで2015年9月、思い切って起業することにした。

次ページ起業の地が埼玉県深谷市だったワケ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT