バラが食べられる?花業界で起きる「大変革」

サブスクからSNSまで、異業種から相次ぐ参入

「植物が好きな人はお互いを褒めてもらいたかったり、人に教えることの好きな、いい意味のお節介だったりする」

そういう植物好きの「特性」を生かして、植物版のインスタグラムサービスを始めたのが、「Green Snap」の社長、西田貴一だ。

西田も前出の武井同様、エンジニアの出身。前職のSNSマーケティング会社「アライドアーキテクツ」でCTO(開発責任者)を務めていたが、あるとき、社内のビジネスコンテストで植物に特化したSNS構想が飛び出し、西田が担当することになった。

口コミで花の名前を教える機能が広まる

「異業種からいきなり飛び込んでみて、いちばんびっくりしたのは、花卉業界にマーケティングの概念やネットサービスがなかったこと」

都内のオフィスで。Green Snapの西田貴一社長(撮影:尾形文繁)

花卉業界は一定規模の市場がずっと存在しており、ネットの力がなくても、母の日やお彼岸など、アナログの力だけでも売れていた。

西田は「花のECがなくても食べていけていたため、(業界の人は)その必要性を感じていない。花や植物は生き物なので、ネットサービスは難しかったこともあるのでは」と推測する。

2014年にスタートしたGreen Snapは最初、ユーザーを100人のヘビーユーザーに絞って始めた。花の名前を教える機能が口コミで広まり、2年後にAI機能を搭載すると、一気に広まった。

現在は30代から40代の女性を中心に、ウェブも含めて月間で最大500万人が利用する、最大規模の植物特化型SNSだ。

次ページ園芸体験をしてもらう入口に
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT