バラが食べられる?花業界で起きる「大変革」

サブスクからSNSまで、異業種から相次ぐ参入

花の種類は毎週、ランダムに入れ替わる。「どんな花を選んでいいかわからない人には、プロの花屋がアレンジしてくれる。子育てや家事で忙しい人には定期便で届けることで、自分で買いにいかなくても手軽に楽しんでもらえる」(武井)。

もともと、花の買い方はオーダーメイドに近い。花に詳しい人なら迷わないが、そうではない人には毎回花を選ぶのは苦労してしまい、本来の花のよさが生かせなくなってしまう。

また、花は生き物であり、水分が欠けると、枯れたり、しおれたりしてしまう。そこで、同社はポストに入るようなパッケージに工夫をこらした。

季節変動が激しい日本の花消費市場

「いまだに3カ月に1回、形状を変えてパッケージを進化させている。マンションによってポストのサイズはバラバラで、当社の箱なら9割近くのポストに入る」

生き物であり、繊細な取り扱いが求められる花卉の配送や物流まわりは、花業界に共通する難題でもある。職人気質の多い花業界で、これまで花の定期配送はタブーに近かった。同社は水分を補給できる特殊なジェルを使い、客のもとに届けることを可能にした。

「花の課題の1つは単価の高さ。平均単価は5000~6000円。花が生活圏内にないので、プレゼントとして想起されることもない」

日本の花の消費は季節の波が激しい。5月の母の日に消費は集中し、逆に夏や秋は閑散期となる。定期便を導入すれば、需要の季節変動も平準化される。町中にある花屋は全国に約2万5000軒あるとされ、小規模な個人経営が多い。こうした小規模花屋の売り上げが安定するメリットも出る。

今年8月には3億円の資金調達を果たした。調達した資金を生かし、ユーザーの嗜好に合ったユーザー体験の向上や法人ユーザー獲得によるチャネル拡大に生かしていく考えだ。

次ページ植物版のインスタグラムサービス
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT