ナイトプールにインスタ女子が殺到する理由

夏のホテルを写真スポットに、各社が争奪戦

ホテルニューオータニ「ガーデンプール」で自撮する女性。このような"インスタ映え"するホテルのプールが若い女性の人気を集めている(撮影:今井康一)

7月15日からホテルニューオータニ(千代田区紀尾井町)の屋外プールが開業する。敷地面積は2000平方メートルで、最大250人まで収用可能と、都内に立地するホテルの屋外プールとしては最大級を誇る。

目玉となるのは7月21日から毎夜6時(一部日曜日を除く)から営業するナイトプール「THE “O” LOUNGE」だ。夜間はプールをライトアップしたり、DJを招いたイベントなどを行う。

入場料は最大2万円でも女子が殺到

外来客は最大2万円!それにもかかわらず、昨年は長蛇の列ができていた(撮影:今井康一)

屋外プールの営業は9月18日まで。入場料は宿泊者ならば2000円。だが外来客の場合、昼間は1.5~2万円、ナイトプールは8000~1万円となっている。

ニューオータニのプールは、自治体やレジャー施設が運営するプールに比べれば非常に高額な入場料だが、昨年は3.4万人が訪れた。

特にナイトプールは2001年から営業しているが、ここ2015年頃から入場者が急激に増加。夜は日焼けを気にしないでいいことや、インスタグラムやフェイスブックなどのSNSに載せる写真を撮るのに適していることなどが人気の理由という。

オータニは昨年、プールサイドに1棟10万円超のコテージを設置したほか、今年は著名なプラントハンター、西畠清順氏に植栽を依頼するなど、より高級感を高めたり、写真映えするように工夫を凝らしている。

都内には、屋内プールを併設しているホテルは数多くあるが、屋外プールとなると数が限られる。こうしたホテルは軒並み、”インスタ女子”の取り込みに注力している。

西武ホールディングス傘下のプリンスホテルでは、3年前からグランドプリンスホテル新高輪(港区高輪)で、2年前から品川プリンスホテル(同)、今年は東京プリンスホテル(港区芝公園)でナイトプールを実施している。

昨年が品川プリンスで、今年は東京プリンスで、女性向けのファッション雑誌『CanCam』(キャンキャン)と提携したナイトプールを開催する。

次ページ他社も続々と参戦
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT