よみうりランド、巨大「埋め立て地」出現の謎

これはグッジョバに次ぐ新施設なのか?

グッジョバ!にあるフードファクトリーでは、「日清焼そばU.F.O.」をテーマにした工場の中で、製造や調理工程をアトラクションに乗って体感することができる(記者撮影)

3月中旬、開業1周年を迎えた、よみうりランド内の「グッジョバ!」を訪れた。同施設は2016年3月18日に開業した新規施設。モノづくりが体感できる遊園地をウリにしており、日清食品や日産自動車が協賛したアトラクションを楽しめる。平日にもかかわらず、一部では待ち時間が60分と盛況だった。

グッジョバの開業効果で売上高が大きく伸びたよみうりランド。その小さな変化に気づいた人はほとんどいないだろう。同社が2月1日に発表した2016年4~12月期(第3四半期)決算のバランスシートで、土地が3月末の155億円から12月末には163億円と8億円近く増えていたのだ。

園内に巨大な埋め立て地が出現

写真手前の広場と奧のテントのある広場が埋め立て地。取材当時は混雑時の臨時駐車上として使われていた(記者撮影)

見逃してしまいそうな小さな変化だが、実は大きな理由を持っている。会社側によればこの埋め立て地はかつて谷だった場所で、オープンシアターイースト(2013年営業終了)、SLコースター(同2011年)として使われていた場所だった。

有価証券報告書によれば、同社は2011年11月から2016年12月まで、19億4400万円をかけて埋め立てを行った。川崎市が公開している資料によれば埋め立て面積は4.6万平方メートルで、グッジョバの半分ほどの広さになる。

この埋め立てに使った土は、よみうりランドの隣接地から持ってきたものだ。現在、「京王よみうりランド駅」と「稲城駅」の間では、かつて里山だった場所に総工費472億円を投じた、総面積87万平方メートルの南山東部土地区画整理事業が進展中だ。

(出所)取材を基に編集部作成
次ページ残土を埋め立てに利用
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。