ハウステンボスが牽引、HISの華麗なる変身

円安進行もハネのけて3割増益を達成

今年のハウステンボス「光の王国」の目玉は、世界初の運河イルミネーションだ

旅行代理店大手、エイチ・アイ・エス(H.I.S.)の快走が止まらない。12月5日に発表した2014年10月期の売上高は5232億円で前期比9.1%増、営業利益に至っては159億円と同34.3%の大幅増となった。

円安進行もあり、日本人の海外旅行需要は横ばい状態。海外旅行のイメージの強いH.I.S.が、こうした状況下でも高成長を遂げられたカギは国内事業にある。その象徴が長崎県佐世保市にあるテーマパーク「ハウステンボス」だ。

入場者数は4年で倍増

H.I.S.会長の澤田秀雄氏が経営を引き継いだのが2010年4月。以来、1000万球以上の電球を用いたイルミネーション「光の王国」など、広大な敷地を生かしたイベントを投入してきた。これにより、全世代が一日を通して楽しめるテーマパークに一新。2014年度の入場者は279万人と、4年間でほぼ倍増した。

インバウンド(訪日外国人客)が大きく貢献したように見えるが、実は入園者の9割が日本人だ。テーマパークとしての魅力を再構築したことで、日本全国から多くの観光客が訪れるようになった。ハウステンボスを組み込んだ国内旅行商品も増やし、リピーター獲得にも成功している。

次ページ死角はないのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT