バラが食べられる?花業界で起きる「大変革」

サブスクからSNSまで、異業種から相次ぐ参入

25歳から50歳までの人口4300万人のうち、園芸経験があるのはその3分の1、1500万人とされる。ネットやスマホが登場し、趣味が多様化している。

西田は「園芸に結び付きにくくなった。”園芸予備軍”が少なくなっている。彼らをうまくつかめないと、業界がシュリンクしていくのは間違いない。こういう人たちにどうやって園芸体験をしてもらうか。当社のアプリはその入り口の1つになる」と話す。

Green Snapにはさまざまな利用方法がありうる。今後の展開として、生活スタイルと植物を組み合わせた提案や投稿データを生かした新たな販売提案などを構想している。

「今後は欧州文化にある『食べられる花』や『シンボルツリー』(家庭の木)のような提案も面白い」と西田はいう。

「花卉の生産者は消費者が花をどのように楽しんでいるか、意外と把握していない。当社のデータを使えば、消費者が花をどのように楽しんでいて、次にどんなものを買おうとしているのかがわかるかもしれない。トレンドを生み出す側に回ることができれば、花の需要も変わるかもしれない」と期待する。

縮小する国内の花卉市場

3人のような異業種からの参入組が登場するのは好ましいことだが、花卉業界の置かれた環境は厳しい。

総務省の統計によると、家計の切り花の消費額は、1997年につけた直近ピーク時から3割強、購入額が減少している。まさに消費者の「花離れ」が進行中だ。

しかし、3人に共通するのは、「やり方次第では、花卉業界はまだまだ成長できる」という強い思いだ。

サブスクリプションからSNSまで。やり方こそ三者三様だが、花卉業界の復活は彼ら彼女らの活躍にかかっている。=文中敬称略

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT