バラが食べられる?花業界で起きる「大変革」

サブスクからSNSまで、異業種から相次ぐ参入

ただ、安定的な供給源確保のための栽培農家のフランチャイズ化やeコマース対応など、さらなる成長を遂げるためにやるべき仕事はまだまだ山積している。

「今は国内のバラ自給率は高いが、海外では品質のいいバラがどんどん登場している。日本からの輸出にもいずれはチャレンジしてみたい。まずは台湾から」。そう田中は意気込む。

ワンコインで「花の定期便」を家庭に

「毎週、ワンコイン(500円)で花のある生活を」

「毎週、ワンコインで花のある生活を」と語るCrunch Styleの武井亮太代表(記者撮影)

そんなキャッチフレーズで、花のサブスクリプションサービスを展開するのが、「Crunch Style」の代表の武井亮太(32)だ。

武井は異業種の出身。店舗運営会社やIT系企業を経て、2014年9月に起業した。最初は花のプレゼントのECサイトなどを試行錯誤し、2016年6月から現在のサービスを始めた。

同社のサービスは、全国約70の花屋と提携し、専用のボックスで毎週1回、定期便のように生花のセットを顧客の自宅のポストまで届ける。「花の定期便サービスで、全国展開している会社としてはほぼ初めて」と武井は胸を張る。

次ページ日本における花市場の課題とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT