バラが食べられる?花業界で起きる「大変革」

サブスクからSNSまで、異業種から相次ぐ参入

起業の地として選んだのは、埼玉県深谷市。農作物の栽培管理などを行う際には、「積算温度」という指標を参考にする。これは毎日の平均気温を足していった値で、バラの場合、剪定日から1000度に達した日に花を咲かせるという。

平均気温が高いほど積算温度に早く到達するため、田中が目をつけたのが、「日本一暑い町」として知られる熊谷市に隣接し、ユリやチューリップ栽培など「花の町」としても有名な深谷市だった。

「天候や栽培の環境、行政のサポートがよかった。何より、私のような新規就農者を親切に受け入れてくれた」

だが、現実はそれほど甘くない。1年目は、肥料のバランスをとることに失敗し、栽培したバラを全部枯らせてしまった。

夜は居酒屋のアルバイト

最初の社員は、田中の母と栽培担当者と田中の3人だけ。朝はバラ栽培、日中は営業で食べられるバラを売り込みに歩き、夜は居酒屋でこっそりアルバイトをして食いつないだ。

田中は「若かったから睡眠時間2、3時間で乗り切れたけど……。会社がうまくいかなかったら、社員2人やその家族はどうなるんだろうという、人生で初めて芽生えた責任感だけが支えだった」と笑う。

ROSE LABOの商品群。食品と化粧品で今や取り扱い商品は12アイテムに上る(撮影:尾形文繁)

大きな転機になったのは、2年目に売れ残ったバラを冷凍保存し、ジャムを作ったとき。サラダの飾り付けやケーキのデコレーションなどに使われていた生食用から、加工食品としてのバラへの道が拓けた。

「食べられるバラ」も次第に認知度が上がり、創業3年目で年商は1億円を超えた。当初のもくろみと異なり、現在は売り上げの7~8割を加工食品やバラ由来の化粧品が占める。

次ページROSE LABOの今後の目標
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT