「男のくせに育休取るの?」はNG、パタハラの境目

男性新入社員の育休希望は7割だが取得率6%

パタハラを防ぎ、男性が育児休暇を取得しやすくなるにはどうしたらいいでしょうか?(写真:プラナ/PIXTA)

厚生労働省の調査によると、男性の育児休業取得率は過去最高と言われながら、わずか6.16%(「平成30年度雇用均等基本調査(速報版)」)。一方、男性新入社員を対象とした調査では、約7割が育児休業取得を希望しているというデータ(日本生産性本部「新入社員 春の意識調査」2018年度)があり、著しいギャップがあります。

こうした中で、最近聞くことが多くなったパタニティー・ハラスメント(パタハラ)という言葉があります。パタニティー(Paternity)は英語で「父性」を意味し、一般に男性が父性を発揮する権利や機会を、職場の上司や同僚などが侵害する言動をいいます。

日本は、従来から「男は外で働き、女は家庭を守る」といった性別役割意識が高く、いまだに男性が育児休業を取得することに否定的な見方をする職場も少なくありません。それが高じて、無意識のうちにパタハラを引き起こしてしまうリスクも内在しています。パタハラを防ぐカギは、どこにあるのでしょうか?

雇用主に新たに義務付けられた防止対策

従来から、男女雇用機会均等法および育児・介護休業法において、事業主による妊娠・出産、育児休業・介護休業などを理由とする不利益取り扱いを行うことを禁止しています。不利益取り扱いの例は、次のページで紹介しています。

この連載の一覧はこちら

2017年1月からは、さらに1歩踏み込み、上司・同僚からの妊娠・出産、育児休業、介護休業などを理由とするハラスメントを防止する措置を講じることを事業主に義務付けました。

職場における育児休業に関するハラスメントとは、職場において行われる上司・同僚からの言動により、育児休業を申出・取得に関して男女労働者の就業環境が害されることを言います。

育児休業に関する制度や措置を利用したいと上司に相談したことや、制度などを利用したことにより、上司がその社員に対し、解雇その他不利益な取り扱いを示唆することは、防止措置が必要となるハラスメントに当たります。

次ページ知らず知らずのうちに、パタハラ言動も
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。