ラグビーで多発?スポーツ界の「和製英語」問題

「ノーサイド」は、アウトかセーフか

今回は、ラグビーにまつわる英語表現を交えながら、スポーツ界における和製英語の是非を検討してみました(写真:taka/PIXTA)

ラグビーワールドカップの日本大会が近づいているせいか、最近テレビや広告などでラグビーの日本代表選手を見かける機会が多くなりましたね。思えば、2015年のワールドカップで日本代表が南アフリカ共和国に勝利をしたときには、日本中でラグビー熱が高まって、一気にラグビーが身近なスポーツになった気がします。

この連載の一覧はこちら

筆者の勤務している英会話イーオンは、2017年からラグビー日本代表選手やレフリーの方に英会話のレッスンをしています。レッスン以外にも、ラグビー英語を取り上げた教材をeラーニングのサイトで公開して学習してもらっているのですが、筆者はその教材の制作過程で、日本のラグビー用語に和製英語が含まれているということを知りました。

今回は、ラグビーにまつわる英語表現を交えながら、スポーツ界における和製英語の是非を検討してみましょう。

反則「スロー・フォワード」と「ノック・オン」

ラグビーではプレーヤーがコートで自分のいる位置よりも前方にボールを投げると反則となります。ラグビーをよく知らない方は、もし試合を見ることがあったらプレーヤーがボールをパスするときに、横や後方にしか投げないのを確認してみてください。

もしも前方にパスを出してしまうと「スロー・フォワード(Throw forward)」という反則を取られてしまいます。ボールを意図的に前方に投げたわけではなく、落とすだけでも反則となってしまいます。こちらは「ノック・オン(Knock on)」と呼ばれています。

この2つの反則のうち、実はThrow forwardのほうが和製英語で、Knock onは英語でも同じ表現を使います。

× Throw forward → ○ Forward pass(スロー・フォワード)
Knock on(ノック・オン)
次ページ英語としてコールをすると真逆の意味に?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT