なぜ若者は「タピオカミルクティー」に並ぶのか 行列に並ぶことで得られる「同調快感」とは

✎ 1〜 ✎ 110 ✎ 111 ✎ 112 ✎ 最新
印刷
A
A

もう1つの要因としては、行列に並ぶことによって、マジョリティーとなる安心感を得ることができるということです。もっと言えば、疎外感や孤独を基本的には好まない本来の欲求を充足させ、安心感を満たすために行列に並ぶという同調行動をとりやすいのです。

安心感は、セロトニンに影響します。セロトニンとは、気持ちを左右する影響を持つホルモンの一種で、思考や意欲に深く関わるものです。例えば、うつ状態のときは、セロトニンの分泌量が激減することから、報酬系回路が遮断され、興味や喜びを著しく喪失すると言われています。安心感は、セロトニン分泌を促し、心のコントロールをしやすくさせ幸福感を高めやすくなるというわけです。

そしてさらに、同調快感(シンクロニシティ・コンフォート)というものがあります。これは、人類が獲得した生存のためのホメオスタシス(恒常性)で、共通の思いを持つことによる一体感です。昨今は、プライベートやプライバシーを重視し、個人主義の意識が強く、個別に行動することが増えています。集団で何かを成し遂げたり、チームで取り組むという場が少なくなっているからこそ、このつながっている感じが求められるのではないかと考えます。

前後に並んでいる人との関係性はないけれど(密には関わらなくてよい状況にありつつ)、同じ目的に向かっている感覚(一体感)を得られるわけです。よって、同じものを求めて並ぶ人数が多ければ多いほど、この同調快感は増幅されると考えます。そして、SNS空間ではなく、並ぶという現実でその実感は、より確かなものになります。

自己決定の重要性

ただ、「その他大勢」に埋もれることはしたくない、オリジナリティーを持ちたいという欲求もあります。それをも可能にするのがカスタマイズです。
並んだ先にある商品の選択肢の多さが、自分で選んだという意識を高め、能動的な意思決定欲を満たします。お茶の種類をはじめ、量や甘さ、氷の量などまで細かくカスタマイズできるお店がはやるのもうなずけます。

もし、並んだお店の商品に対して満足が得られない場合も、並んだ時間が多ければ多いほど、「損をした」と思いたくない防衛本能で、「満足した」と思いこもうとする気持ちが働くことにより不満な気持ちが、ある程度抑えられます。

また、私たちには、「つじつまが合わないと落ち着かない」という心理が備わっており「こんなにたくさんの人が並んでいるのだからおいしくないはずはない」「こんなに時間をかけたのだから特別なものに違いない」という思いから、さらにおいしさや特別感を覚えます。よって、おいしいものなら、なおさらおいしさが増すというわけです。

以上に挙げた、多くを満たすために必要な要素がそろい、テイクアウトできるお茶という誰しも手にしやすい手軽なアイテムが、若者の心を虜にしたのではないでしょうか。

さて、あなたは、行列に並びますか?

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT