仲間との「LINEグループ」でモヤっとしない方法

「断る」行為自体もコミュニケーションだ

コミュニケーションツールとして、とても使いやすいLINE。でも、やり取りの際には注意したい点がいくつかあります(写真:しげぱぱ/PIXTA)

こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャⓇ」の大野萌子です。

今や、やり取りのツールとしてメジャーになったLINE。面倒なあいさつを省けスタンプも豊富で気軽にやり取りができるところが、身近な人とのコミュニケーションになくてはならないものとなっている方も多いのではないでしょうか。

この連載の記事一覧はこちら

会話感覚で使え、家族や頻繁に連絡を取るツールとしてはかなり便利かと思いますが、何かというと「グループを作ろう」と言われて断れずに、よく知らない人とつながってしまったり、なんだかよくわからないグループがどんどん増えてはいませんか?

また、5人で仲良しグループを作ったら、1人を除いた4人の裏グループが実は存在していた――なんてことは珍しくありません。4人の裏グループにコメントしたつもりが、うっかり5人グループに送信してしまい、慌てて取り消すという経験をされたことのある方もいるでしょう。

最近はメッセージの取り消し機能が追加されてリスクは減ったとはいえ、タイミングが悪かったり、誤爆(誤って送ったこと)に気づかなければトラブルを招く原因にもなります。

「断る」行為自体もコミュニケーションの1つ

そもそも、必要なことや気の合う仲間内なら、迷うこともないかと思います。自分にとって「必要性を感じられない」「煩わしい」という思いを抱えながらでは、相手にも失礼です。ただの付き合いで気が進まないなら、断るのが妥当でしょう。百害あって一利なしです。

日本人はとかく「断る」ということに罪悪感を持ちやすい傾向が強くあります。そもそもその裏には「承認欲求」があり、「相手に嫌われたくない」「いい人だと思われたい」という思い、さらに「相手を不快にしてはならない」といった相手を慮る気持ちまでプラスされてしまうと、断ること自体が「悪」のように感じる人さえいます。

しかし、すべてのことに「YES」とは言えませんし、「断る」という行為自体もコミュニケーションの1つと捉えていただけたらと思います。

次ページ断る理由に使えるフレーズとは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT