中高生はなぜLINEで知らない人と出会うのか

「自画撮り」による被害が深刻化している

子どもたちはLINEでどのように知らない人と出会ってしまうのか(写真:編集部)
「LINE」を通じて犯罪に巻き込まれてしまう中高生のニュースが後を絶ちません。でも、不思議に感じたことはないでしょうか。オトナ世代がLINEを使っていても、知らない人と出会う機会はほとんどありません。
では、子どもたちはいったいどのように知らない人と出会うのか――実はLINEには知らない人と交流できる“場所”があるのです。今回は、その場に飛び込んでみました。

「自画撮り」を大人に送る小中高生

この連載の一覧はこちら

「言うことを聞いたらスタンプをあげる」――2016年11月、この誘い文句で小学生女児にメッセージを送り、自分の裸画像をLINEで送信させた疑いで47歳の男性が逮捕されました。2016年1〜7月には愛知県警により、中高生にLINEで自画撮りを送らせた容疑で計5人の男が逮捕されています。LINEなどを通じて自身のわいせつな画像を送ることは「自画撮り」と称され、その被害は急増しています。

2016年の警察庁の発表によると、昨年1年間に裸の画像を撮影されるなどした18歳未満の児童ポルノ被害者は、過去最多の905人。うち41.5%は「自画撮り」の被害者で、中高生が93.6%を占めるのだそうです。

なぜ自分の裸や下着姿の画像を簡単に送ってしまうのか、大人には理解できませんね。中高生たちは、スマホの向こうにいる人が危険な人物であるとは考えていないのです。普段、危ない場所には近づかず、不審な人物とは出会わない生活を送っているため、想像力が働かないのでしょう。相手が同年代の女子を装っているケースもあり、友達とのおしゃべりの延長で送ってしまったり、有料スタンプやコンサートのチケットをあげると持ちかけられる手口もあったそうです。

ところで、中高生はこうした大人とどうやってLINEで出会っているのでしょうか。

次ページ新機能のサポートにより生まれた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT