「普通の高校生」が性犯罪の標的になっている

犯人はSNSで弱みを握り面会を強要し・・・

「そのつもり」がなかったのに、結果的に性犯罪の被害者になってしまった、というケースが少なくない(写真:すしぱく/ぱくたそを加工)

みなさんは「青少年がかかわる性犯罪事案」と聞いて、どんな内容を想像されますか。

チャットアプリを経由した売春を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、実際には、青少年(多くは18歳未満の女子)に「そのつもり」がなかったのに、結果的に性犯罪の被害者になってしまった、というケースが少なくないのです。

この連載の記事一覧はこちら

「そのつもり」がないとはどういうことか。例えば、何らかの弱みを握られて会うことを強要されたり、家にまで押し掛けられたり、待ち伏せされたり……まさに、本当にそのつもりがないのにというケース、本人にとっては「まさか自分が被害に遭うなんて」というケースなんです。

かつてSNS「GREE」で性犯罪被害が多発

実は、私のかつての仕事は「青少年の性犯罪被害を防ぐ」というものでした。以前はSNS「GREE」内でも青少年の性犯罪被害が多発していて、グリーに入社後、最初に取り組んだプロジェクトは「青少年の性犯罪をゼロにする」だったのです。徹底的な対策を進めた結果、サービス内の事件をほぼ消滅させることができましたが、その後も「非出会い系サイト」全体では、青少年が巻き込まれる事件数が増加の一途をたどっています。

そして最近はツイッターなど、設定によっては投稿内容が丸見え、という「オープンなSNS」を舞台に、ごく普通の子どもが狙われるケース、「そのつもり」がなかったのにという事件が急増しているのです。

チャットアプリのような「閉じたSNS」の方が事件が起きやすいのでは?と思われがちなのですが、実はオープンなSNSの方が事件の発生件数が多い状況です。その背景には、犯罪者側のあきれるような「事情」がありました。

次ページターゲットにされるのは普通の子
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。