学校教師のUSBメモリ紛失事故が多いワケ

セキュリティルールはバランスが重要だ

先生のUSBメモリ紛失事故は、起きるべくして起きている!?(イラスト:グリー)

「教員が“生徒の情報が入ったUSBメモリ”を紛失」。こんなニュース、時々耳にしますよね。「続きは家で」と生徒の成績などをUSBメモリにコピーし、それを……というパターンです。

学校の先生方から話を聞くと、この事故、実は起きるべくして起きている、そんな事情もありまして……。今回は「なぜ先生のUSBメモリは紛失しやすいのか」というお話です。

学校でも会社でも、今どき「情報セキュリティ」に関する規則・ルールがあるのは当たり前。個人事業や小規模なチームならまだしも、ある程度の規模になれば、どんな組織でも情報セキュリティ規則を作り、運用しているものです。

筆者は仕事柄、そんな規則を「運用する立場の方」から相談を受けることも多いのですが、みなさん口をそろえて言われるのが、「ルールを守ってくれない!」というものです。

もう心からの叫び。新入社員からベテラン層まで、どの世代もルールを守らない。みなさん本当に苦労されています。

ルールなんてお構いなし

この連載の記事一覧はこちら

たとえば、会社支給のノートパソコン。規則では、「帰宅時は引き出しに入れて施錠!」という、特別に厳しいワケでもない、まあそうだよね、というルールがあるにもかかわらず、そんなのお構いなし、そのまま放置して帰っちゃうような人たちの言い訳は、たいてい、こんな感じです。

「いやいや……引き出しの鍵なんて、壊すの簡単でしょ」「そもそもこのフロア、外部の人間は入れないよね」「出入り口にはカメラもあるし」「こんなルール、不便なだけで意味がないよね」

次ページそれでもノートパソコンは盗まれる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT