女子中学生のLINEはどうして「荒れる」のか

最新の遊び「個チャ荒らし大会」って何?

女子中学生はLINEの「タイムライン」を活用している(著者撮影)
LINEといえば、メッセージをやり取りする「トーク」ですね。でも実は、「タイムライン」という近況を投稿できる機能もあるのです。「知ってるけど誰も使ってない」というのは、大人だけ。小中学生たちはタイムラインもフル活用して遊んでいます。今回はタイムラインの遊び方をご紹介します。

実はよく使われている「タイムライン」

この連載の一覧はこちら

「タイムライン」が登場したのは、LINEがリリースされて半年以上経ってから。すでにLINEを始めていたユーザーからは「不要なのでは」という声も上がりました。そして現在も、活用しているという声はほとんど聞かれません。LINEは1日に何度も起動するのに、タイムラインは見ない――そんな人が多いのではないでしょうか。

しかし、子どもたちはタイムラインを使います。おそらく、子どもたちが初めて出会うSNSがLINEだからです。人々がどのSNSに常駐するかは、そのSNSを利用している知り合いの数の多さが決め手となります。子どもたちの友人はLINEに最も多く存在するため、LINEに投稿すれば最も多く反応が得られるのです。

しかし小中学生が高校生になると、高校生が大好きなTwitterへの登録が始まります。親にLINE以外の利用を許可されるのかもしれません。すると、LINEは個人への連絡、Twitterは近況の投稿とSNSの使い分けが始まり、LINEのタイムラインからは少しずつ人が減っていきます。大人でもタイムラインに投稿している人がいますが、mixiから移動する先がなかったなど、LINE以外のSNSを利用していない人が多いように感じます。

では、小中学生はタイムラインに何を投稿しているのでしょうか。もちろん、近況を投稿している子もいます。「○○と一緒にディズニーランドに行ったよ!」と楽しそうな写真入りの投稿をします。Twitterのように今を伝えるというよりは、Facebookのようにあとから1日をまとめるような投稿をしています。一度の投稿に10枚近くの写真を投稿するのも当たり前。ハッシュタグや友達のタグづけもでき、「いいね」やコメントもたくさんつきます。

そして、タイムラインでの遊びも盛んです。有名なのは「ブロック大会」ですね。「スマホが重くなってきたので、ブロック大会します! ブロックされたくない人はスタンプ押してね」という画像を投稿し、友達からの愛を確かめます。でもこのブロック大会、最近は少し変化しています。それは「友達確認」という遊びです。

次ページ「友達確認」とはどんなもの?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT