女子高生がTwitterにラブ写真を載せる事情

カップルが共同アカウントでやっていること

女子高生は恋のツールにLINEとTwitterを利用する。その驚きの方法とは(著者撮影)
初めて彼氏・彼女ができたあの日--青春の甘酸っぱい思い出は大人になっても忘れられません。好きな相手との電話やメールは楽しくて、寝る間を惜しんででも続けたいものでした。そして今、恋を語らうツールはもちろん「LINE」です。といっても、LINEで甘いトークを交わしているだけだと思ったら大間違い。意外なLINEの使い方やカップル共同アカウントなど、中高生の恋愛事情をお伝えします。

告るタイミングはタイムラインで決める

この連載の一覧はこちら

好きな人ができると、なぜか人に言いたくなるのが世の常です。「A子ちゃんだけには言うけど、私C男が好きなんだ。秘密だよ」と親友だけに打ち明けた名前が、いつのまにか学年中に広まっているのもよくある話です。休み時間、部活の帰り、修学旅行の夜……コイバナ(恋の話)は止まりません。そして今の時代は、LINEでもコイバナです。

A子「今日、C男に笑われたー」
B子「それはC男がA子のこと好きだからだよ」
A子「えー、まさか」
B子「だって、授業中とかずっとA子のこと見てるよ」
A子「えー。C男はD子ちゃんのことが好きっぽいけど」
B子「違うよー。告っちゃいなよ」

 

なぜ昔から友人はすぐ告らせる(告白させる)のでしょうか。周囲の後押しにより好きな相手に告白させられ、振られた人はいないでしょうか。青春は無責任です。

しかし、友人の応援が待てない人もいます。一刻も早く相手に打ち明けたい。そう思ったら、タイムラインにある画像を投稿します。

「スタンプ59個来たら、好きな人に告白します♪」

次ページなぜスタンプ59個?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT