「普通の高校生」が性犯罪の標的になっている

犯人はSNSで弱みを握り面会を強要し・・・

まもなく冬休み。長期休暇前になると、「休み中に知らない人と会うとか、そういうことのないよう、今のうちから講演でも注意してもらえますか」と学校からお願いされることも多いのですが、残念ながら、子どもを狙う犯罪者のトップシーズンは、すでに始まっています。というか、むしろもう終了間際です。

「普通の子ども」を狙う犯罪者は、子ども達がヒマになり、親の目も届かなくなる「長期休暇」にゴールを置いているのです。だからその前の、中間試験と期末試験の間くらいが、情報を集め、メッセージのやり取りを重ね、信用を得て、チャンスをうかがう「犯罪者のトップシーズン」なんです。

まだネットは「人と知り合う」には不十分な道具

そもそも子どもと仲良くなって会いたがるような大人に、ロクな人間がいるワケありません。脅されていなくても、会えば事件につながる可能性が高いでしょう。私は講演で、子ども達にこんなふうに伝えています。

「生きていく中で人と知り合うのは自然なこと。それは実生活もネットも同じです。だからいつの日か、子どもだって『ネットで知り合った人』と実際に会える、それが当然、という日が来るかもしれません。でもまだその時代じゃないんです。

だって、実生活で知り合った人と遊びに行って、その結果、殺される確率より、ネットで知り合った人に会いに行って殺される確率の方が、今はまだ高いですからね。単純な確率の比較です。

ネットの知り合いで、死んでもいいから会いたい、なんて人いないでしょ?子どもがネットで知り合った人と会うのはまだ早い、まだそんな時代なんです」

ネットの安全教育のために、今年も全国の学校を講演して回りました(写真:グリー)

殺される、は過激な表現かもしれませんが、事件に巻き込まれるという意味では、ネットの出会いは間違いなくその確率が高いと言えます。未成年の子どもにとって、ネットはまだ人と知り合うには不十分な道具なのです。

いつの日か、ネットで知り合った人とも、実生活で安全に交流できる日がやってくるかもしれません。でも今は違う。そのことを子ども達にしっかりと伝えていきたいと思います。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。