中高生はなぜLINEで知らない人と出会うのか

「自画撮り」による被害が深刻化している

その後も2つのグループに加入してみましたが、どちらも私を含めたグループメンバーはあっという間に退会させられました。メンバーの退会作業は同じアカウントにより行われたので、もしかするとLINEのスタッフだったのかもしれません。

グループには中高生を装ったアカウントを作って加入しましたが、友だち追加されたのは2つのアカウントだけ。中高生ではないと見破られたのか、彼らは出会いや自画撮りが目的でなかったのかはわかりませんが、メッセージは現在のところ送られてきていません。自分のタイムラインで雑談をしたり、さらにグループへの加入を呼びかける投稿を続けていたりしています。しかし、自画撮りを要求するような人は雑談から入って心を開かせる手口を使うため、これから何か起こるのかもしれません。

東京都は条例改正を検討し始めた

トークはまず年齢の確認から入ることが多い。小学生を名乗るアカウントも(筆者撮影)

インターネットで知らない人と出会う機会は、LINEに限ったことではありません。中高生の利用率が高いTwitterで、知らない人からのリプライやDM(ダイレクトメッセージ)を受け取ったことがあるという話はよく聞きます。「文化祭の写真撮ってくれた人、LINEに送ってー」と、Twitterに自らのLINEのQRコードを張るのも珍しくない行為なので、Twitter経由でLINEに追加されることもあるでしょう。

前述の47歳の男は、「スタンプをくれる人」として小学生の間でクチコミで広がったといいます(2016年12月8日産経新聞より)。LINEアカウントはトークの機能で簡単に拡散されるため、有料スタンプ詐欺を行うアカウントも、あっという間に広がっていたことを思い起こします。

「自画撮り」の被害が多発していることを受けて、2月21日には都庁で「青少年問題協議会」が開催されました。画像を送るように何度も求めた段階で取り締まれるように、東京都は条例の改正も検討し始めるとの報道がされています。

法整備が全国に広がることも期待したいところですが、「知らない人とつながらない」ことを最低限のルールとして伝えることが、大人としての役割だと実感しています。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT