女子高生は卒業も入学もSNSを活用しまくる

入学前には「#春から◯◯」と投稿

女子高生はどのように受験を乗り越え、卒業を迎えたのでしょうか(筆者撮影)
春は別れの季節であり、出会いの季節です。勉強や部活にいそしんだ母校を卒業し、それぞれが自分の選んだ道へ進みます。新たな生活には誰もが不安を感じますが、イマドキは入学前にLINEやTwitterで知り合うことができるのです。受験を乗り越え、卒業、入学へ進む中高生のSNS事情をご紹介します。

アカウント名を「〇〇@ログアウト中」に変更

この連載の一覧はこちら

3年生になると中高生は勉強中心の生活にシフトしていきます。「勉強しないと志望校に受からない」ということは、中高生たちもよくわかっています。そして、最大の敵はスマホであるということも重々知っています。

そこで、彼らはスマホをリビングに置いて自分の部屋で勉強したり、タンスにスマホをしまったりして、スマホと物理的な距離を置きます。勉強を始めるときは「機内モード」にして通知を受信しない、スマホが禁止されている塾の自習室で勉強する、といった方法も使います。ロック画面に「勉強しろ」という壁紙を設定して、ロック解除を踏みとどまるように工夫する中高生たちもいます。

最も時間を費やしてしまうのがSNSだということも理解しています。そこで、Twitterの「本垢(実生活の友人とつながっているメインのアカウント)」をログアウトして、Twitter断ちをします。アカウント名を「〇〇@ログアウト中」に変更し、「合格までログアウトします。連絡はLINEで」などの固定ツイートを残します。しかし、高校生は平均3.1個のアカウントを持っています(電通総研「若者まるわかり調査 2015」)。「裏垢(親しい友人と本音を話すアカウント)」はログアウトせず、非公開にして交流を続けるなど、完全にTwitterを絶つわけではないケースもあります。

「勉強垢」という勉強専用のアカウントを作り、書き込んだノートや単語帳といった勉強の成果をTwitterやInstagramに投稿する中高生もいます。勉強垢同志はハッシュタグ経由でつながり、励まし合うのです。勉強垢は勉強管理SNS「Studyplus(スタディプラス)」をきっかけに広まったようですが、筆者の周囲ではそれほど多くない印象です。

LINEも当然、セーブしなければいけないのですが、連絡ツールとして使わないわけにはいきません。そこで、「低浮上」という言葉をステータスメッセージ(旧ひとこと)やタイムラインに記入します。「LINEはやめないけど、頻繁にはチェックできないし、返信もたまにしかできない」ということを友だちに知らせているのです。

次ページLINEを勉強に生かしたいと考える中高生は……
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT