女子高生は卒業も入学もSNSを活用しまくる

入学前には「#春から◯◯」と投稿

新たな人生のスタートを、新たなTwitterアカウントで始める中高生もいます。「大学垢」や「高校垢」と呼ばれるアカウントを作り、新しく知り合った友人に過去の投稿や人間関係を見せないようにするのです。しかし、なかなか切り分けは難しく、結局はどれかひとつに統合されることになるようです。また、昨年あたりから大学入学をきっかけにInstagramを始めて、そちらをメインにする女子高生もいます。

Twitterでつながった後は、LINEでもつながります。積極的な中高生は、自分のLINEアカウントのQRコードをTwitterに投稿しています。知らない人に追加されたらブロックすればよいと考えているのかもしれません。堅実な中高生は、同じ部活に入りそうな相手とだけDM(ダイレクトメッセージ)でLINEを交換するなど自衛しています。

どんどん増える学校の「LINEグループ」

そして、この時期に誕生するのが、「学校LINE」または「学年LINE」と呼ばれるLINEグループです。同じ学校に進学する人たちが参加するLINEグループは、TwitterやLINEでつながった人たちでどんどん人数が増えます。誰かが自己紹介するたびにメッセージが増え、通知はあっという間に3ケタになります。しかし、グループ全体で会話する話も特にないため、入学式のクラス発表とともに「クラスLINE」へとばらけていきます。そしてクラスLINEも、徐々に仲の良い友人たちのグループへと細分化していき、連絡ツールとしての役割に変わります。

また、合格通知をスクショ(スクリーンショット)し、Twitterに投稿する中高生がいます。名前や学校名を加工して隠す人もいますが、そのまま投稿して個人情報があらわになっているケースもあります。合格通知を投稿したからといって不合格になることはなく、もともと中高生のTwitterは本名や学校名、顔写真が載っていることが多いため、何か起きるわけではないのですが、学校によっては掲載しないように生徒指導を行っています。

今年大学に入学した学年は、高校で「学校LINE」を経験している世代です。入学前に知り合いが増えると、お互いに助け合えることをよく知っています。一方、学校LINEが今だけの盛り上がりであったり、今ひとつ友達作りに役立たなかったりしたことも経験しています。

LINEグループに入ると、同じメンバーは「友だち追加」できるようになるのですが、悪質商法やカルト宗教の勧誘目的で大人が潜り込んでいる可能性もあります。大学生になる学年は対応がわかりますが、これから高校に入る中学生は面識のない人とつながることは初めてかもしれません。相手が本当に同じ学校の生徒なのかを確認してから、個人的な交流を持つといいですね。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。