知らないと後悔する「顔写真投稿」の基本常識

子どもの顔写真をネットに載せてOKなのか

ネット世代の子どもたちと、相対している先生たちは大変です(イラスト:グリー/大室絵理)

学校には、とにかくネットトラブルがあふれている

先生はタイヘン……。全国の学校で講演をする筆者は、毎年、数百人もの「学校の先生」とお会いしています。どの学校の先生も、決まって何かしらの「ネットトラブル」に直面しており、とにかく、もう、大変なんです。

この連載の記事一覧はこちら

ある中学では、画像投稿をめぐるトラブルから、他校の生徒が、集団で学校に押しかけ大騒ぎになったり、またある高校では、授業中に大激怒している先生がネットに“生中継”され、「怒り方がひどい」という外部からのクレームで発覚したそうです。ね、大変そうでしょう?

カンのいい先生は、教室内で、やたらとマスクをしている生徒が多いとき、真っ先に「今、このクラスの誰かが、教室からネットに生中継してる!」と、ピンとくるそうです。事情を知っている生徒が、自分の顔が中継に映り込まないようにマスクするんですね。自分の顔だけはちゃっかり隠そうとしているあたり、ネット世代の子どもたちだなぁ、という感じです。

こんな仰天エピソードに限らず、学校にはとにかくネットトラブルがあふれています。そして、それらの多くに共通するのが「本人の顔が映り込んだ画像や動画を、勝手に投稿する問題行為」。いうなれば肖像権の侵害ですね。そこで今回は、ネットの顔写真投稿について考えてみたいと思います。

そもそも「肖像権」ってどんなモノなんでしょうか。法律のどこを探しても、「肖像権」について書かれた項目はありません。実は意外にも、「肖像権」という法的な定義は存在していないのです。

次ページ肖像権の本質とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。