存在感のある女性は自分を「客観視」できている

鏡や専門家の力を活用してみるという視点

あなたは家でどのような鏡を使っていますか?(写真:Ushico/PIXTA)

エグゼクティブ・プレゼンスとは、「社会的な地位、職位や社格、専門性にふさわしい存在感(オーラ)」のことです。欧米では「上に立つ人に必須の資質」とされ、「それがあるかどうか」は、昇進・抜擢のときの判断基準ともなります。会社を代表する立場の人間として、信頼を勝ち取ることができ、ひいてはビジネスチャンスにつながるからです。

近年では、ビジネスシーンですばらしい活躍を見せる女性の間で、エグゼクティブ・プレゼンスへの注目が高まっています。

私は、プレゼンスコンサルタントとして、そのエグゼクティブ・プレゼンスを身に付けるためのお手伝いをしています。前回に続いて、今回は「自分を客観視する秘訣」を紹介します。

「鏡」をうまく使えていますか

「あなたは家でどのような鏡を使っていますか?」

私のセミナーやトレーニング、コンサルティングでは、必ずこう質問します。自分を客観視するために活用したいアイテムが「鏡」だからです。「鏡はエグゼクティブ・プレゼンス」の入り口であると言っても過言ではないほど大切なものです。

鏡にも「いい鏡」と「悪い鏡」があります。その基準は「周囲から見えている自分の姿=本当の自分」をチェックできるかどうかです。顔や上半身だけなど、身体の一部しか映し出せない鏡は「悪い鏡」です。これでは、全身のコーディネートやバランスをチェックできません。

一方、「いい鏡」とは、全身がチェックできる鏡です。ただし、同じ全身が映るものでも角度が後ろ斜めに傾く「スタンドミラー」は、おすすめしません。こうした角度で人が自分を見ることはほとんどないからです。いいのは「垂直型の全身鏡(姿見)」です。この鏡に映るのが、他人が自然に見る「本当の自分」です。

実際に、このタイプの全身鏡を購入した方は、「鏡を変えてから、これまで意識しなかった視点で自分を見られるようになって、身だしなみへの意識も変わった」「これまでバランスの悪い恰好をしていたのが恥ずかしくなった」と言います。

もし、「悪い鏡」でしか毎日自分を見ていない、という人はこの機会に「いい鏡」に変えてください。鏡を変えれば、自分を客観的に見る視点が身に付くのです。

次ページ「専門家」の力を借りて、自分を客観視する
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。