女性の「生理的直感」がもっと婚活に必要だ

「魔女のサバト」川崎貴子さんに聞く<後編>

川崎貴子さんに前回に続きお話を聞きます
働く女性のサポートに特化した人材コンサルティング会社を経営する川崎貴子さんは、結婚や恋愛に関する卓越したアドバイスでも知られている。主宰する婚活結社「魔女のサバト」では、のべ2万人超の相談実績を誇る。男女関係に関する著書も多い。
川崎さん自身35歳のときに再婚をした「晩婚さん」だ。前編記事では、川崎さんのこれまでの結婚体験を伺ったが、この後編では、それらから導き出された婚活に役立つアドバイスを聞いていく。
※前編:キャリア女を怖がらない男性はどこにいるか

たった1年で結婚した女性の場合

この連載の一覧はこちら

――前編記事では、恋愛・結婚する相手を探す際は、どんな相手を自分が求めているのか、わかりやすいキーワード、フックを設けるとよいとおっしゃっていました。結婚願望はあるけれど、好きな人が見つからない独身女性の参考になりそうです。

パーティなどで少し話をしただけでは、自分に合う相手なのかどうかはわからないでしょう。だから、具体的なフックをできるだけたくさん持っておくに越したことはありません。自分に合うAさんはどんな男性なのか。何が好きで、どういう生活を送っていて、どこに出没しているのか。言語化しておけば、どれかのフックに引っかかった男性を深掘りすることができます。行動範囲も変わるのでマッチングの確率は上がるはずです。

例えば、コーヒー好きな女性は「朝にコーヒーを飲むのが好きな男性」というフックを持っておく。実際にその男性と会ったときの質問力が向上します。「朝用のコーヒーはどの産地の豆を使っているのですか?」なんて聞けますから。相手としては、自分の習慣にどうしてここまで食いついてくれるのかと思いつつ、うれしく思うはずです。受け入れてもらっている気持ちになるでしょう。

私の友人に41歳で結婚したキャリア女性がいます。バリバリ仕事して出世していて、40歳になったときに「結婚するのを忘れてた!」と気づいたそうです(笑)。そして、1年間の婚活キャンペーンを打ち出しました。 

彼女のフックは、「理系、眼鏡、細マッチョ」。この3つに当てはまる男性を見つけたらすぐに連絡して!と言われました。「合言葉は?」「理系、眼鏡、細マッチョ!」と復唱すると、みんなが覚えてしまいます。それからはポケモンGOみたいな状態でした。どこかで「理系、眼鏡、細マッチョ」の独身男性を見つけたらすぐに連絡です。彼女は片っ端から会って行き、本当に1年以内に結婚しました。

次ページ「この人は触れても大丈夫」という感は当たる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT