オジサン化するオバサンを待ち受ける「孤独」

マッチョな企業文化が「つながり」を阻害する

バリバリ働いてきた女性は、定年退職後に孤独に苛まれるかもしれない(写真:AH86 / iStock)

5月1日、アメリカで、孤独に関する調査が発表され、話題になった。医療保険大手企業が2万人を対象にして行ったもので、調査対象の46%が「孤独はもはや疫病の域に達している」と結論づけられた。​中でも、18歳~22歳の若年層が最も孤独、その次に、23-37歳と続き、72歳以上の高齢者の孤独度が最も低いという意外な結果だった。

日本の中高年男性が孤独になりやすい現状やその危険性について、筆者は著書『世界一孤独な日本のオジサン』で警鐘を鳴らしてきたが、孤独はオジサンだけの問題ではない。「日本の子供は世界一孤独」というデータもある。

マツコ・デラックスさんの指摘

そもそも、オジサンやオジサン予備軍の男性を想定した本だったが、意外にも女性からの反響がとても大きい。夫が、父がまさに孤独、もしくは孤独になりそう、と心配する人が多いのだが、一方で、自分自身も孤独になるのでは、という不安の声もよく耳にする。

タレントのマツコ・デラックスさんが、4月9日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)の中で、「コミュニケーションをとるのが仕事関係だけに限られる」と、男性の孤独問題に触れ、「男性が、仕事をやめて急に孤独になるって人が多かったと思うんだけど、同じことがこれから、女性にも当てはまってくると思う」とコメントしていた。

「専業主婦やパート勤めぐらいの女性は、近所や周りのコミュニティと交流してうまくやってきた」が今はそうではなく、「女性も社会進出して、昔の男性のような生活スタイル」をしており、「ずっと仕事ばっかりしてきた女性は、学生時代の友人関係も切れてしまい、コミュニケーションを取りづらくなってきている」と指摘した。

次ページ忍び寄る孤独の影
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
市場縮小が止まらない<br>生き残りへもがく製紙業界

紙の国内市場は8年連続のマイナスが必至。ペーパーレス化、原料高で苦境に。三菱製紙は最大手・王子ホールディングスの傘下へ。国内はさながら撤退戦。活路は海外市場か?